XSERVERにSSH接続して、最新のWordPressをwgetで取得してインストールするーその1

XSERVERのx10プランをレンタルしています。このプランではssh接続ができるようになっています。サーバーにssh接続をできるように設定をして、sshでwgetを実行すると最新のWordPressの取得ができます。2回に分けて書きますが今回はsshの設定をXserverでして、接続ソフトで接続できるところまでを書きます。

XSERVER側でSSHが使えるように設定をする

XSERVER側でSSHが使えるように設定をします。設定については、

SSH設定

こちらにマニュアルがあります(^^)/

サーバーパネルにログインして SSH>SSH設定 をクリック

SSH設定ラベルの 状態OFFになっているので変更の所にある ONにする をクリック

この画面が表示されて、SSH設定

ONになりました。

次に、SSH接続に必要な 公開認証用鍵ペアの生成 タブをクリック

こういう画面になるので、

パスフレーズを入力して 公開鍵認証用の鍵ペア生成(確認) をクリック

公開鍵認証用の鍵ペア生成(確定) をクリック

するとローカルPCにファイルを保存するポップアップ画面が表示されます。サーバーID.keyの名前がついたファイルを忘れないような場所に保存します。

この画面が表示されます。XSERVERでのSSH設定はこれで終わりです。



SSH接続プログラムでXSERVERにSSH接続する

SSH接続プログラムでXSERVERにSSH接続してみます。「レンタルサーバにSSH接続とSFTPが同時に行えるRloginに切り替えました」の記事で書いたようにSSH接続にはRloginを使っているので、Rloginでの接続方法について書きます。
* 違うソフトでも設定するポイントはほぼ同じだと思いますので、参考にしてください

Rloginを立ち上げると出るこの画面で 新規 をクリック

このような設定画面になります。

エントリー/コメント:一覧で表示される名前なのでXSERVERとしました
プロトコル:ssh
ServerAddress:サーバーID.xsrv.jp
Socket Port:10022
User Name: サーバーID
Password:公開鍵認証用の鍵ペア生成で入力したパスフレーズ
デフォルト文字セット:UTF-8

こんな感じに入力しました。

SSH Identity key の 参照 をクリック

先ほど保存した サーバーID.key ファイルを指定して 開く をクリック

戻った画面でOK をクリック

サーバーの新規追加が終わりましたので接続してみます。 XSERVER をクリックしてから OK をクリック

最初の1回だけこのような表示になるので、接続する をクリック



SSHに接続
できました(^^)/

pwd と入力すると home/サーバーID と表示されます。
cd / でルートに移動して、ls -l と入力するとファイルやフォルダの一覧が表示されます。

まとめ:XSERVERにSSH接続するのは案外簡単でした

XSERVERにSSH接続するのは案外簡単でした。というのも私が苦手とする 秘密鍵の作成と設定 をXSERVERのサーバーパネル内でできたというのがとても良かったです。一番迷うところが簡単だったので、迷わずできました。

次回のblogで今接続できるようになったsshでWordPressをwgetしてインストールするところまでを書こうと思います。
月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

兎本美佳

ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

261人の購読者に加わりましょう

トップへ戻る