Windows10にRubyをインストールする方法

私はMacBookAirを使っていますが、ブートキャンプを使いWindows10をメインとして使っています。そのWindows10にRubyを入れたいと思います。Rubyというと開発言語でもあるのですが、開発のために入れるのではなくてSaasやmailcatcherなど、Rubyが入っていることを前提として動くソフトウェアを使いたいからです。
ということでWindows10にRubyをインストールする方法について書きます。

Rubyをダウンロードする

Rubyをダウンロードします。

http://rubyinstaller.org/

上記のWebサイトで Download をクリック

現時点(2016/04/07)で一番新しそうな Ruby 2.2.4 (x64) をクリック

OK をクリックして、ファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルでインストールする

ダウンロードした rubyinstaller-2.2.4-x64.exe をダブルクリックします

日本語 にして OK をクリック

同意する にチェックをして 次へ をクリック

Rubyの実行ファイルへ環境変数 PATH を設定する にチェックを入れて、インストール をクリック

終了画面になるので 完了 をクリック

Rubyがちゃんとインストールできたかどうかを確認する

ちゃんとインストールできたかどうか確認します

スタートメニュー をクリックして power と入力すると Windows PowerShell が出てくるのでクリックします

Windows PowerShell が表示されるので、

ruby -v

と入力してリターンします

すると、このように表示され、Windows10にRubyが正しくインストールされたことがわかります。

Windows PowerShell 以外の コマンドプロンプト でも同じように ruby -v で確認することができます。

まとめ:Rubyが入ってるとSassやのインストールも簡単です

SassやmailcatcherなどのソフトはRubyが入っていることが前提なので、Rubyがインストールされた状態からこれらのソフトをインストールするのも一手間省けて簡単になります(^^)/

[Amazon sponsored link] ベストセラーを見る
兎本美佳

ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ゆうそうとITブログはMIXHOSTで運営中
スポンサー広告
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

280人の購読者に加わりましょう

トップへ戻る

ゆうそうとについての説明

ゆうそうと とは東京都八王子市を中心として、WordPressによるWEBサイトの作成や、スポットでのIT相談を行ったり、年間契約でのIT顧問をなりわいとして活動しています。

特徴としては30年以上IT業界でプログラムを中心として仕事をしてきたものと、美大出身のデザイナーがワンストップで対応するため、幅広い対応が可能であることです。

IT相談は直接お会いしてのご相談の他、ZOOMによるオンライン相談も可能です。