Windows PowerShellでコマンドを打ってWordPressを取得する

この記事は約7分で読めます。

先日ようやく新しいMacBookAirにWindows10をインストールしました。それまではずっとWindows7を使っていた自分にとってはWindows10はいろいろ物珍しい機能がありました。今まで使ったことがない機能でWindows PowerShellというものがあり、これでWordPressのファイルを取得することができたので、その方法について書きます。

PowerShellとは?

Windows7で使っていたときには開発用にGit for Windowsを入れてあり、Git Bashが使えました。Git BashはシェルスクリプトでWindows上でlinuxサーバのコマンドと同じようなことができるようになります。Git BashではWordPressのインストールをするときには wget でWordPressのtar.gzファイルを直接取得して解凍、という手順をとっていました。慣れるとこちらの方が簡単に思えたからです。

今回も同じようにGit for Windowsを入れようかなと検索していたら Windows PowerShell 5.0 というものがWindows10には入っていて、それを使えば同じように取得できるのかもしれない、と思いました。



Cortana
をクリックして



powershell
 と入力すると、

Windows PowerShell が見つかるのでクリックします

こんな画面が立ち上がります。見たところコマンドプロンプトと違いを感じません(^_^;。

Windows PowerShellとコマンドプロンプトの違い

同じように見えるのでどこが違うのかを見てみるために dirとコマンドを打ってみました。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトの結果は見慣れたもので、ディレクトリやファイルの一覧が表示されます。

Windows PowerShell

Windows PowerShellも同じようにディレクトリやファイルの一覧が表示されますがlinuxでlsしたときと同じように、ファイルやフォルダの属性が表示されています!

ちなみに、コマンドプロンプトで、

ls(Linuxでのファイルやフォルダを一覧するコマンド) というコマンドを打ってみました、やはり動作しません。

Windows PowerShell で、

ls とコマンドを打ってみるとこのように表示されました!linuxでの ls -l の表示に似ていますね

PoewerShell で最新のWordPressを取得する

git bash では

wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz

と、wgetというコマンドで最新のWordPressを取得していました。 .tar.gz という圧縮形式で保存されています。Windows PowerShellではこの形式を解凍するコマンドがありませんでした。しかし、zip形式のファイルは解凍できるようなので、WordPressの最新zipファイルを取得しようと思います。

WordPressをインストールしたいディレクトリに移動します。私の場合はMAMP PROのhtdocsに入れたかったので、

cd c:\MAMP\htdocs

でディレクトリに移動しました。

WordPressを取得するコマンドは、

wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.zip -outfile 出力したいファイル名

の形式で指定します。linuxのwgetと違って -outfile 出力ファイル名を指定する必要があります

wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.zip -outfile wordpress44.zip

と入力しました。

と入力し、リターンキーを押します

このように取得が始まり、すぐに終了しました。

lsとコマンドを打ってみます

このように、wordpress44.zipというフォルダができました。このzipを解凍します。

linux系だと

unzip wordpress44.zip

こんな感じで解凍しますが、Windows PowerShellでやってみたら

怒られちゃいました。Windows PowerShellzipファイルを解凍するには、

Expand-Archive -Path 解凍したいzipファイル -DestinationPath 解凍先ファイル名

のようにするみたいです。解凍先は省略できるようなので

Expand-Archive -Path wordpress44.zip

とコマンドを打ってみました。

のような表示が出て、しばらく待ちます。

解凍が終わったら忘れないようにダウンロードしたzipファイルを削除しておきます。間違えて再度解凍すると、インストールして構築したフォルダに上書きしてしまい、大変なことになります(^_^;
 

rm 出力ファイル名.zip

で削除します。この場合は、

rm wordpress44.zip

とコマンドを打って削除しました。

 ls で見てみます。


wordpress44
 というディレクトリができていました。中を見てみます。

cd wordpress44
ls

すると、

さらにもう一つ、wordpressというディレクトリができてしまっています(^_^;。

cd wordpress
ls

で、中身を見てみると

いつも見るWordPressのフォルダとファイル一式でした。これを一つ上のディレクトリに移動したいと思います。

mv * ../

このコマンドはlinuxのもので 今いるディレクトリのすべてのフォルダやファイルを一つ上のディレクトリに移動する というものです。Windows PowerShellではある程度linuxのコマンドが使えるようなのでまずは試して、うまくいかない時だけググってやり方を探しています。

mv はうまく動いたようで ls をすると、

なにもありませんでした。

cd ../
ls

一つ上のディレクトリに移動して ls してみると

wordpress44 というフォルダにwordpressフォルダにあったすべてのフォルダとファイルが移動しました。

不要になった wordpress フォルダを消したいので

rm wordpress

と、コマンドを打って ls してみたところ

wordpressフォルダは消えていました。

ローカルのMAMP上で確認します。 localhost/wordpress44 とURL欄に入力して見てみると、

WordPressのインストール画面が表示されました(^^)/。

Windows PowerShellで最新のWordPressファイルを取得するコマンドのまとめ


Windows PowerShell
で最新のWordPressファイルを取得するコマンドの必要なところだけをまとめてみます。

1.WordPressをインストールしたいディレクトリに移動

cd インストールしたいディレクトリのパス

例:

cd c:\MAMP\htdocs

2.最新のWordPressのzipファイルを取得

wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.zip -outfile 出力したいファイル名

例:

wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.zip -outfile wordpress44.zip

3.zipファイルを解凍する

Expand-Archive -Path 出力ファイル名.zip -DestinationPath 解凍先ファイル名

例:

Expand-Archive -Path wordpress44.zip


4.ダウンロードしたzipファイルを削除する

rm 出力ファイル名.zip

例:

rm wordpress44.zip

5.解凍したディレクトリの中にあるwordPressというディレクトリからディレクトリとファイルを移動する

cd 解凍先ファイル名
cd wordpress
mv * ../

例:

cd wordpress44
cd wordpress
mv * ../

6.不要になったwordpressフォルダを削除する
一つ上のディレクトリに移動して削除

cd ../
rm wordpress

[amazon_searchlink search=”windows posershell”]

兎本美佳

ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

ゆうそうとITブログの更新通知が受け取れます!
スポンサー広告

Windows10Power ShellWindows PowerShellWordPress全般Windows
スポンサーリンク
ゆうそうとITブログの更新通知が受け取れます!
ゆうそうとITブログ

コメント

トップへ戻る

ゆうそうとについての説明

ゆうそうと とは東京都八王子市を中心として、WordPressによるWEBサイトの作成や、スポットでのIT相談を行ったり、年間契約でのIT顧問をなりわいとして活動しています。

特徴としては30年以上IT業界でプログラムを中心として仕事をしてきたものと、美大出身のデザイナーがワンストップで対応するため、幅広い対応が可能であることです。

IT相談は直接お会いしてのご相談の他、ZOOMによるオンライン相談も可能です。