mailcatcher を使ってローカル環境のWebでメール送信テストをする

Webサイトを作っているとき、Webサーバーに直接アップするのではなく、PCにXAMPPやMAMPなどでWebの環境を作ってそこで開発をしています。開発をしているときに困るのが「メールを送信するテスト」です。そんなときに使えるmailcatcherという、ダミーのメールサーバーを立ててくれるソフトウェアを使うととても便利です。Windows10でmailcatcherをインストールして使ってみましたので、その方法につい書きます。

ローカルの開発環境でメールを送信するテストができるmailcatcher

XAMPPMAMPなどを使って、ローカルでWebサイトの開発をしているときにメールを送信するテストをしたくなるときがあります。たとえば、会員登録してくれたときに自動送信するメールや、不正ログインを防ぐプラグインを入れて、不正ログインしたときのテストをしたい、などの場合にローカルにあるWebサイトからメールを送る場合などです。

mailcatcherというソフトを使って仮想のSMTPサーバーを立てることができます。

このソフトを初めて使ったのは、データベースに登録されている数百名分のメールアドレスにメールを送信するテストをしないといけないということがありました。

数百名分のメールとなると、万一本物のメールアドレスに送ったらえらいこと(訴訟問題)にもなりかねませんし、開発者にとってメールの送信テストはとても怖いものです。そのために、メールアドレスはあらかじめGMail全部変えていたとしても万一…と、びくびくしていましたがそのときにこの mailcatcher を知りました。これを使うと、仮想のSMTPサーバーが受けてくれるので、安心してテストをすることができました。

mailcatcherの環境を作る

mailcatcherはRubyとRuby のデベロッパーキットがインストールされていることが前提となります。

Rubyのインストールについては、

Webサイトを作っているとき、Webサーバーに直接アップするのではなく、PCにXAMPPやMAMPなどでWebの環境を作ってそこで開発をしています。開発をしているときに困るのが

を参照してください。

デベロッパーキットをインストールするには、

http://rubyinstaller.org/downloads/

このページの下の方に、



Development Kit
という項目があります。ここでは既にインストールしてあるRubyのバージョンに合わせたファイルをダウンロードすることになります。

クリックするとファイルがダウンロードできます。

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックします。

そうすると、解凍先を入力する画面が出ます。

私の場合は、ダウンロードしたプログラムを入れる場所を c:\DlPrograms というフォルダに入れることにしています。そこに新しいフォルダを作ってインストールするので c:\DlPrograms\devkit と入力して Extract をクリック

解凍が終わったら Windows PowerShell を立ち上げます

スタートボタンをクリックして powers と入力すると Windows PowerShell が表示されるのでクリック

Windows PowerShell が立ち上がりました。

cd c:\dlprograms\devkit

と入力してリターンし、今解凍したフォルダに移動します。ここで、

ruby dk.rb init

と入力してリターン

このようになります。初期化が終わりました。次に、

ruby dk.rb install

と入力してリターン

このような画面になったらデベロッパーキットのインストールが終了です。

mailcatcherのインストール

mailcatcherのインストールですが、とても簡単です(^^)/

先ほどの続き、Windows PowerShell で、

gem install mailcatcher

と入力してリターン

このようにインストールが始まり、

このようになったらmailcatcherのインストールが終了です。

WordPressで使ってみるためのプラグインを入れて設定する

WordPressでmailcatcherを使うためのプラグインを入れます。

ダッシュボード プラグイン>新規追加 をクリック

検索窓に mailcatcher と入力してリターン

Mailcatcher for WordPress が表示されるので、今すぐインストール をクリック

今すぐ有効化 をクリック

使っている子テーマ(あるいはテーマ)フォルダの wp-config.php を開いて

define(WP_MAILCATCHER, true);

という行を追加します。

こんな感じ。そしてこのファイルを保存します。

これでWordPressの準備も完了しました。

mailcatcherを起動する


mailcatcher
を立ち上げます

Windows PowerShell でも コマンドプロンプト でもどちらでもいいのですが、コマンドラインで

mailcatcher

と入力して、リターンします。すると、

このように表示されて、これでmailcatcherが起動しました。

WordPressのコメントを付けたときのメール送信を確認してみる

この状態でWordPressでできているこのサイトからのメール送信はすべてmailcatcherが受け取ります。

試しに投稿にコメントを付けてみてどうなるか見てみます

こんな感じにコメントをしてみます。

mailcatcher に届いたメールを見るには、ブラウザに

http://127.0.0.1:1080

と入力して、リターンします。すると、

このように、コメントしたときに管理者に通知されるメールが届いていました。

中身もこのように表示されます(^^)/

[Amazon sponsored link] WordPress 関連本
兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/ 無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る