Facebook保存機能 何が保存できる?どうやって使う?のかを試しました

Image [22]

Facebookはよく新しい機能をリリースしているので気づいたらこんな機能が?というようなものがあります。先日「保存」という機能があることに気づきました。これはいわゆる「あとで読もう」と思ったときに使えるのかどうか、ということを試してみたのでそれについて書きます。

スポンサーリンク

イベントの保存

以前「Facebookのイベント情報をGoogleカレンダーに取り込む方法」という記事を書いたときに、初めて「保存」という機能があるんだなぁと気がつきました。

イベントは「自分が主催してる」「自分が招待されている」以外のイベントに対して保存ができます。「自分が主催している」か「自分が招待されている」イベントは、Facebookのイベントをクリックすればいつでも見られるのでそうなのかなと思われます。

保存する方法は、

Image

イベントページを開きます。
*このイベントへの実際のリンクはこちら(^^)/

参加する の右に 保存する というボタンがあるのでクリックします。

Image [1]

保存する というボタンが 保存済み となります。
保存済み をもう一度クリックすると再度、保存するになるので保存した状態が消えるようです

Image [2]

Facebookのこのマークをクリックします。

Image [3]

左ブロックに、保存済み というリンクがあるのでクリックします

Image [4]

保存済みのページが表示され、今保存したイベントが 今日 の所に表示されています。

これで、気になったイベントを保存しておいて後から参加できそうになったら参加ということができるようになると思います

リンクを保存

Image [6]

このようにリンクが紹介されている投稿

Image [7]

右側にある 下向き▽ のようなマークをクリックして、投稿を保存 をクリックします。

Image [8]

その後に左ブロックの 保存済み というリンクをクリックします

Image [9]

保存済みページの 今日 という所に、今のリンクが追加されました。

リンクが紹介されている記事を今は読む時間が無いけれどもあとで読みたい、という時にこのように保存しておくと便利そうです。

保存済みの管理

Image [11]

保存したイベントやリンクは各カテゴリー別に保存されています。保存が増えればこのカテゴリー別に見る方がわかりやすくなります。

また、保存済みのリンクは シェア ボタンがあるのでここからシェアすることもできます。

Image [12]

保存したコンテンツの右上にカーソルを持って行くと × マークが表示されます。これをクリックすると、

Image [13]

このような表示になり、

Image [14]

コンテンツをアーカイブ(保管庫)に移動することができます。後で読むと思って、読み終わった記事などをこのようにアーカイブ(保管庫)に移動すると未読管理ができそうです。

Image [15]

ページ上部の アーカイブ ラベルをクリックすると、

Image [16]

今移動したコンテンツが表示されます。

Image [17]

 をクリックすると アーカイブから移動 と 削除 が表示され、

Image [18]

アーカイブから移動 をクリックすれば、

Image [19]

このように、

Image [16]

元のリンクに戻す事ができます。

Image [20]

削除 をクリックすれば、

Image [21]

保存からこのコンテンツが無くなります。

まとめ:イベントやリンク記事の保存はとても便利、投稿も保存できるともっといいな

イベントやリンク記事を保存しておけば、参加したいなーと思ったイベントや後で読みたいリンクを取っておいたり、あとで読むこともできるので便利です。

色々調べましたが、自分としてはあと「リンク以外の投稿」が保存できるといいなぁと思いました。長い文章の投稿とか「今は読んでいる時間が無いけど後で読もう」と思っていてもつい忘れてしまいます。そんなときにこの保存機能が使えれば、と色々探しましたが今時点でその機能はないようです。

今時点では「Facebookである投稿だけを表示する/blogなどに埋め込む方法」でその投稿だけのURLを取得してあとで読むサービスかなんかを使うってことでしょうか?あとで読むサービスはまだ使ったことがないので、ちょっと試してみたいところです。

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

フォローする

スポンサー広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る