ドメイン変更を含むサイト移転のとき、Jetpackの統計情報は引き継げるのか?

2017/5/17にこのブログはurlの変更を含むサイト移転をしました。いろいろ大変なことはあったのですが、気になることもたくさんありました。その中の一つが「Jetpackの統計情報はなくなってしまうのか?」ということでした。サイト名もドメイン名も変えることにしたので、いままでのブログと同じものだということをどうやってわかってもらえるのか?と大変心配になりました。
結果的に引き継げたのですが、その経緯について書きます。

自分にとってJetpackの統計情報はとても大事なものです!

自分にとってJetpackの統計情報はブログを書くに当たって指針になるとても大事な情報です。ブログにも何度か書かせてもらいました。

ゆうそうとブログ内 統計情報

Jetpackの統計情報はほぼ毎日、見ます。毎日blogを書くために自分のWebサイトを見るとアドミンバーの上部にグラフが表示されている...
「ある失敗でページビュー数が10分の1以下に激減してしまった原因について」で書いたように、このblogのビュー数は私の失敗により10分の...

などなど…。ブログを立ち上げた日から今までのView数も全部記録されている大事な情報です。

新しいドメインに移すとなると普通に考えると「1からやり直し!?」なのかなと思ったのですが、それはとても惜しい。ということで検索をしてみたらはっきりとした記事は見つからなかったんですが「ドメイン変更を含むサイト移転をしたら統計情報の見え方が変になった」というような記事を見つけました。…ということは、ドメインを変更しても統計情報は引き継げる?のかなと思いました。

Jetpackに問い合わせをしてみました

ということで、これはひとつJetpackさんに(そういう名前なのか疑問ですが)問い合わせをしてみようと思いました。

Google翻訳さんに翻訳してもらう

こういうときはこれ!Google翻訳さんの出番です。

https://translate.google.com/?hl=ja

日本語の文章を準備します。うまく英語に翻訳してもらえるように「主語をはっきり」「センテンスを短く簡潔に」書いてみます。

私はhttp://ryus.co.jp/blog/のウェブサイトの所有者です。

私はこのウェブサイトのドメインを変更する予定です。 新しいドメインはhttps://usortblog.comに予定されています。 http://ryus.co.jp/blog/のデータをコピーして準備しています。

ドメインを変更するときに蓄積されたJetpack統計データ(https://wordpress.com/stats/day/ryus.co.jp:blog)を引き継ぎたいと思います。 引き継ぐ方法を教えてください。

よろしくお願いします。

こんな感じ、そして左側に文章を入れて翻訳してもらいました。

いい感じに翻訳されたようです。念のために英語をコピーして日本語に翻訳したところ、

私はhttp://ryus.co.jp/blog/のウェブサイトの所有者です。

私はこのウェブサイトのドメインを変更する予定です。 新しいドメインはhttps://usortblog.comに予定されています。 http://ryus.co.jp/blog/のデータをコピーして準備しています。

ドメインを変更するときに蓄積されたJetpack統計データ(https://wordpress.com/stats/day/ryus.co.jp:blog)を引き継ぎたいと思います。 引き継ぐ方法を教えてください。

ありがとうございました。

ほぼ同じだったのでこれでOKです。

メールを出す

Jetpackさんのサポートにメールを出すには
https://jetpack.com/contact-support/?rel=support

このフォームから出します。Jetpackにログイン中(WordPressのダッシュボードに入っている状態)であるので名前やメールアドレスは自動的に入っています。

Jetpack Site URL where problem is happening:旧サイトurl
Short (80 character) description of your problem:I want to inherit statistics information of Jetpack at the time of site relocation (サイト移転時にジェットパックの統計情報を継承したい)

と入力して、

Long description of your problem. Include error messages and links to screenshots, if available.

に先ほど翻訳した英語を貼り付けて、

をクリックして、メールを送信しました。

結論:何もしなくてもいい!?

メールを出して2時間後(速かったです!)返事が来ました。

という内容です。Google翻訳さんで訳したところ

>引き継ぐ方法を教えてください。

こんにちは、

Jetpackの最新バージョン(4.9)を使用している場合は、新しいサイトが新しいURLの古いサイトであるかどうかを確認した後、Jetpackは移動後に尋ねてきます。 🙂

それが何らかの理由で起こらない場合は、私たちに知らせてください。私たちはあなたのためにすべてを動かすでしょう。

敬具、

ジェームスハフ| https://jetpack.com/support/

ということでした。ん?何もしなくてもいい?ということのようです。「移動後に尋ねてきます」、どんな風に尋ねられるのかわからず、ちょっと不安です。不安でしたが大丈夫そうなので移転作業を続行しました。

移転後このような経緯でデータは引き継がれました

移転作業中はJetpackはインストールしていませんでした。いざ、切り替えよう!と思ったのでJetpackをいつものようにインストールしたところ、

これが ryus.co.jp/blog の完全な複製であることが認識されたため、Jetpack はセーフモードになっています。

このような画面が表示されました。これが例の「移動後に尋ねてきます」のようです!

jetpack連携を修正 をクリック

すると、 usortblog.com は ryus.co.jp/blog の新しいアドレスですか? という質問になるので

はい。usortblog.com は ryus.co.jp/blog を置き換えるサイトです。統計や購読者を ryus.co.jp/blog から usortblog.com に移行したいです。

のところにある 統計や購読者を移管 をクリック

設定を保存しました。と表示されます。

ブログ開設以来の統計情報を見ることができました!

この後すぐ、

このように統計情報が表示されました(^^)/。やった~!って感じでした。

移転当日の 5月17日 の統計情報もちゃんととれていました。

まとめ:ドメイン変更を含むサイト移転の時、Jetpackの統計情報は引き継ぎ処理をすれば引き継げる

このように、ドメイン変更を含むサイト移転の時、Jetpackの統計情報は最初の1回引き継ぎ処理をすれば引き継げることがわかりました!

Jetpackのバージョンが最新バージョン(4.9)以降であればこのように問題なく引き継げるようです。ドメイン変更を含むサイト移転の際は

・Jetpackが最新になっているかどうか?を確認する

とうことを確認しておけば大丈夫そうです。それでも「もし何かあったら!?」と心配なときは ダッシュボード>Jetpack をクリックして

WordPress.comで詳しい統計情報を表示 をクリックして、表示されたページのurlを保存しておくとJetpackへの問い合わせのときなどに利用できるかと思います。

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/ 無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る