当サイトには広告が含まれております

【2023年版】XSERVERでサブドメインを作りWordPressをインストールする方法

以前使っていたサーバーからエックスサーバーにサイトを移転していますが、中にはサブドメインを付けたものもあります。

エックスサーバーでサブドメインをつけたWebサイトを作るのは初めてだったので、今後再び行う時に参考になるようにその方法について書いておきました。

記事をざっと見る

サブドメインとは?

サブドメインとは、通常のドメイン名の前に サブドメイン名.通常のドメイン名 のように名前を付けて、独自のURLにできるものです。

通常は自分が保持している独自ドメインを使って、サブドメイン名のURLを作ります。

example.com というドメイン名を保持しているとしたら、shop.emaple.comなどのサブドメイン名を作って、販売専用のサイトを作ったりすることができます。

XSERVERでサブドメインを作るときの注意点

XSERVERでサブドメインを作るときの注意点が少しあり、サブドメインを設定する前に独自ドメインを追加する必要があります。

例えばXSERVERについてくる初期ドメインの アカウント.xsrv.jp に試しにサブドメインをしてみたいと思うかもしれませんが、サブドメインの設定画面ですでに「初期ドメインに選択できません。」設定してみようとします。

サブドメインを作るときはまず、独自ドメインをXSERVERに設定しておく必要があります。

XSERVERでサブドメインを設定する方法

XSERVERでサブドメインを設定する方法です。XSERVERでサブドメイン名を指定するには、サーバーパネルにログインして設定します。

STEP
XSERVERのサーバーパネルにログイン

エックスサーバー の公式サイトから、右上のログインにオンマウスし、サーバーパネルからサーバーにログインしてください。

STEP
サブドメイン設定をクリック

サーバーパネルにログインしたら、ドメイン>サブドメイン設定 をクリックします。

STEP
サブドメイン設定予定の独自ドメインをクリック

XSERVERに設定済みの独自ドメインと、XSERVERのドメインが表示されます。
今回は usort.jp にサブドメインを設定するので、 usort.jpの行にある、選択する をクリックします。

STEP
サブドメイン設定で設定を行う

サブドメイン設定ページになります。サブドメインの追加設定 をクリックし、サブドメインを入力します。
そして「無料独自SSLを利用する」にチェックを入れて、「確認画面へ進む」をクリックして下さい。

コメントはあとで自分が見たときにわかるように書くだけなので入力しなくても大丈夫です。

STEP
サブドメイン設定の確認ページで確定をクリックする

サブドメインの追加(確定) をクリック

STEP
サブドメインが反映されるのを待つ

このように終了画面が表示されます。

https://lp.usort.jp を設定後〜数時間(数日)はこのような画面になっているのでしばらく待つことになります。

XSERVERで作ったサブドメインにWordPressをインストールする

サブドメインの反映待ちの間にWordPressをインストールします。

STEP
WordPress簡単インストールをクリック

サーバーパネルにログインしたら、WordPress>WordPress簡単インストール をクリックします。

STEP
サブドメインを設定した独自ドメインをクリック

XSERVERに設定済みの独自ドメインと、XSERVERのドメインが表示されます。
今回は usort.jp のサブドメインを設定するので、 usort.jpの行にある、選択する をクリックします。

STEP
WordPress簡単インストールのページに移動

WordPress簡単インストールのページに移動するので、WordPressインストール をクリックし、ここでWordPressインストール設定を行います。

STEP
WordPressインストールの設定

WordPressインストールの最初にサイトURLからセレクトボックスをクリックし先ほど設定したサブドメインをクリックします。

そして以下のように「ブログ名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を設定します。

「ブログ名:ホームページ名(日本語OK)」「ユーザー名:ログインIDで使用(半角英数字と一部記号)」「パスワード:ログインパスワードで使用(半角英数字と一部記号)」「メールアドレス:WOrdPress管理者メールアドレスとして使用使用(独自ドメイン推奨)」

テーマでは、お好きなテーマを設定できます。今回はLPを作る設定なのでLightningにしてみました。そして「確認画面へ進む」をクリックして下さい。

STEP
確認画面でインストール

確認画面で入力内容や必要な方はMySQLを確認し、可能なら特にユーザー名、パスワード、メールアドレスをメモして下さい。
内容がOKなら「インストールする」をクリックします。

STEP
管理画面URLをメモ

インストールが完了したら先ほどのユーザー名、パスワード、メールアドレスと一緒に、管理画面URLをメモして下さい。

STEP
サブドメインにWordPressがインストールされたことを確認

数時間後、サブドメインを入力してWordPressがインストールされたことを確認できるようになります。

月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

まとめ

この記事のまとめです!

  • サブドメインは通常のドメイン名の前に付けて独自のURLを作ることができる。
  • エックスサーバーでサブドメインを作る前に独自ドメインを追加する必要がある。
  • サーバーパネルからサブドメイン設定を行ってからWordPressをインストールする。
  • インストールが完了したらユーザー名、パスワード、メールアドレス、管理画面のURLをメモしておく。
  • 数時間後にサブドメインを入力してWordPressがインストールされたことを確認することができる。

Xserverはサブドメイン設定の他にも色々な設定ができます!サイトの表示スピードを早めることができたり、ドメインが最大2個まで永久無料で使えたり、さまざまなサービスが充実しているのが魅力です。

この機会にエックスサーバー を使ってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

あなたのシェアが励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントを残す

記事をざっと見る