他サーバーからXSERVERに引っ越しをするとき便利な動作確認URLの使い方

XSERVERを借りるようになったきっかけは昨年営業最終日のサーバーダウンでした。このblogのサーバーがほぼ1日落ちてしまったため、サーバーをエックスサーバーに!と決意しました。
エックスサーバーを借りてからしばらくたちますが、実はまだいろいろな理由でサーバー移転をしていません。ドメインの移行はどうすればいいのかな、と悩んでいたのも原因なのですがエックスサーバーには動作確認URLというものがあって、それがあれば安心して移転作業ができるのでは、と思ったので使ってみることにしました。

スポンサーリンク

XSERVERの動作確認URLとは?

XSERVERの動作確認URLとは、について説明がこちらにあります。

XSERVER 動作確認URL

このページの説明によると、

本機能は、サーバーに設定された独自ドメインに対して、動作(表示)を確認するためのURLを追加する機能です。こちらの機能を利用することにより、サーバー移転時のネームサーバー切り替え前に、該当ドメイン領域にアップロードしたホームページの表示を確認することができます。

ということのようです。今回は独自ドメインを移行してそこに入っている2つのCMS(baserCMSとWordPress)を移転したいと思っていますのでまずはこの動作確認URLを使って確認していこうと思いました。

動作確認URLを設定する

動作確認URLを設定します。手順としてまず独自ドメインを設定してから動作確認URLを取得することになるようです。

独自ドメインの設定


独自ドメインを設定
する方法については、

「レンタルサーバーXSERVERのお試しプランを申し込んでみました」で試用を申し込んだサーバーですが、正式に借りる手続きをしました。 さっそく、新しく作ろうと思っていたサイトがあ

こちらに書いてある手順で設定をします。上記ページには独自ドメインをXSERVERに割り当てた後に、ネームサーバーの設定という章に進んでいますが ネームサーバーの設定はまだ行わないでください(>_<)!。ネームサーバーを設定してしまうと、まだコンテンツのないところにドメインが割り当てられてしまい、訪ねてきた人がびっくりしてしまいます。

動作確認URLの取得


動作確認URLを取得
します。

サーバーパネルの ドメイン>動作確認URL をクリック

まだ動作確認URLを設定していないので、このように表示されます。

動作確認URL設定の追加 タブをクリック

動作確認URLを使いたい独自ドメインを選びます



動作確認URLの追加(確定)
 をクリック



動作確認URLの設定が完了しました
 と表示されます。

動作確認URL設定の一覧 タブをクリックすると

このように、動作確認URLができていました。



動作確認URLを見てみる

動作確認URLをクリックして表示させてみようとしたところ、

このような画面が出て、まだこの動作確認URLは使えませんでした。

XSERVER 動作確認URL

このページに、

※動作確認URLの設定後、反映までに1時間程度かかります。

とありましたので少々時間がかかるようです。

今回の場合は10分ほど後に再度表示させると、

このような画面に変わりました。この画面になれば 動作確認URLは反映された状態 となります。

これで、

/home/サーバーID/独自ドメイン名/public_html

baserCMSWordPressのファイルをアップロードして動作確認URLでサイトの動作を確認していけるようになりました(^^)/

月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

フォローする

スポンサー広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る