WordPressが4.0に!どこが変わったのかみつけてみました

Image
先週末にWordPress4.0のusバージョンが公開されたのは知っていましたが、日本語版が出るまではアップデートを待っていました。月曜日の朝、ダッシュボードを開けてみるとWordPress4.0のjaバージョンが公開されたのでアップデートしてどこが変わったのかを見てみました。

最初に気づいたのは投稿の編集画面

最初に気がついたのは投稿画面の変更でした。

blogを書くとき、投稿画面ではよく上部にある編集用のボタンを押します。そのために、いつもは編集画面を縮めてすぐにボタンが押せるようにしていました。

Image

新しい投稿画面は

Image

クリック&ドラッグするマークが出ていないので画面の大きさを変更することはできません。そのかわり、

Image

行数の多い投稿の場合はテキストエリアが自動的に大きくなります。これはこれで、長いコンテンツを入力しているときに便利そうです。

ということは以前と同じように入力する行数を縮めるには、

Image

ブラウザの縦を縮めればできるようです。

メディアライブラリの表示が分かりやすくなりました

ダッシュボードの左ブロックから メディア をクリックしたときの表示が今までは、

Image

1画像が1行で表示され、その画像がどのコンテンツで使われているかなどの情報が同時に表示されていました。今回のアップデート後は、

Image

このように表示され、直感的に画像を探しやすくなりました。

Image

行表示ボタンをクリックすれば以前と同じような表示にも変更できます。

Image

投稿を編集中に「メディアを追加」で表示されるポップアップは以前が、

Image

4.0では、

Image

と、若干ですが画像の表示が大きくなって以前より選びやすくなっているようです。

プラグインの画面インターフェースが分かりやすくなりました

以前のプラグインの画面は、

Image

このように必要な機能が並んでいる感じでしたが、4.0では、

Image

デフォルト表示が おすすめ になり、表示方法も画像が使われてだいぶ見やすくなりました。プラグインのメニューも6つあったものが3つになり、だいぶスッキリしました。既存のプラグインを検索するという意味とはだいぶ違っていた プラグインのアップロード(zip形式のプラグインをインストールする) は別の場所に移動して、

Image

クリックして、

Image

アップロードする画面も分かりやすくなりました。

まとめ:メジャーアップデートではなかったけれども

4.0ということでテーマが新しくなるようなメジャーアップデートなのかも、と思ったりもしましたがそうではなくて通常のアップデートということです。しかし、細かいところで使いやすさがアップしていました(^^)/

兎本美佳

ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

261人の購読者に加わりましょう

トップへ戻る