Webサイトに表示されている和暦を1クリックで西暦併記の表示にする

先日あるサイトに書いてある年月日を条件としたプログラムを作るということをしていました。ところがそのサイトの年月日はすべて和暦で表示されているため、プログラムで使う西暦と較べるのに頭がかなり混乱してしまいました。
そこでいろいろ調べた結果、ブックマークレットを使えば和暦の年号に西暦を表示できることがわかりました。ブックマークレットをクリックするだけですぐに変換してくれるのでとても便利だと思います。
それについて書きます。

和暦で表示されているWebサイトの例

官庁などでは正式な日付はすべて和暦のみで表示されていることが多いです。

例えば、

総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 地方自治制度 > 地方公共団体の区分 > 指定都市一覧

を見ると、

こんな感じで全ての日付が和暦で表示されています。私の場合ですが日常的に西暦ばかり使っているので、プログラムで使う場合でなくても和暦だと「えーと何年前?」というようにすぐにピンと来ない場合が多いです。

そのような表示を1クリックで西暦併記にする方法を見つけました。

和暦を西暦表示にするブックマークレット

これを探しているとき「理想的なのは右クリックして日本語に翻訳」みたいな形で「和暦を西暦に翻訳」のようなことができればいいな、と思っていたのですがそのような拡張は見つかりませんでした。

それ以外の方法として ブックマークレットを使った和暦→西暦変換 について書いてあるWebサイトを発見しました。

和暦を西暦に変換して追加するブックマークレット You Look Too Cool ゆるくつくる – stabuckyのブログ。

こちらです。

一番上の短いブックマークレットをコピーして

ブラウザにブックマークレットを作ります。ブックマークレットの作り方ですが自分の使っているブラウザで新しく(なんでもいいので)ブックマークを作ります。

chromeの場合ですと、

適当なページで、URL欄の星のマークをクリック

和暦西暦変換 のように分かりやすい名前を付けて保存。

URLが今の適当なページのURLになっているので、



ブックマークを編集
を開いて URL に 

先ほどコピーしたブックマークレットを貼り付けます。

保存 をクリックします。これでブックマークレットの準備ができました。

他のブラウザでも同じような事ができると思います。ポイントは

・適当なブックマーク(なんでもいい)を作る
・ブックマークの名前は 和暦西暦変換 のように分かりやすい名前にしておく
・そのブックマークのURL欄にコピーしたブックマークレットを貼り付けて保存する

です。

和暦を西暦に変換してくれるブックマークレットを使ってみる

先ほど和暦がたくさん表示されたページを開きます。

こんな感じです。このページを表示しているときに ブックマーク から先ほど作った

和暦西暦変換 ブックマークをクリック。すると、

なんということでしょう~(^^)/。和暦の年号の後に西暦が表示されました。これで何年前のことなのかなどがすぐに分かるようになりました。

おまけ:ブックマークレットってあまり使ったことがないですが便利ですね

ブックマークレットはあまり使ったことがありません。URLがJavaScriptになっている、ということとJavaScriptが動くということはセキュリティ的に危険性も考えられるなぁと思ったりしていたぐらいでした。

今回のブックマークレットは

こんな感じで、ソースを見てもすっきりしてて、危険性はないと思います(^^)/。作者のstabucky様、ありがとうございますm(_ _)m

今まで何度も和暦なので分からない…ということがあったので、今後もいろいろ便利にこのブックマークレットを使っていきたいと思います!

[Amazon sponsored link] ベストセラーを見る
兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/ 無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る