TinyMCE Advanced 文字の大きさをビジュアルエディタで変更したい

blogを書いていて時々、「あぁ、ここは小さい文字でそっと書きたい…」と思うことがあるのですが、WordPressのビジュアルエディタでいくら探しても文字の大きさを変えるところがみつかりませんでした。

ググってみるとプラグインを使わないとできない、ということが分かりましたので試してみました。

WordPress業界では定番らしい TinyMCE Advanced をインストールする

WordPress業界ではみなさんがおすすめしているっぽい、TinyMCE Advanced というプラグインをインストールしてみます。プラグインを探してインストール、というのもまだ慣れていないので順々にやっていきます。ダッシュボード>プラグイン>新規追加 をクリック

Image

出てきた検索窓に TinyMCE Advanced と入れて検索

Image

出てきた一覧の一番上のこれの いますぐインストール をクリック

Image

OKをクリック

Image

あっという間にインストールが終わるので、 プラグインを有効化 をクリック

Image

TinyMCE Advancedでビジュアルエディタはどんな風に変わったか?

今までは

Image

インストールすると

Image

こんな感じになっていました。

文字サイズだけでなく蛍光ペンや改ページなどいくつかのボタンが増えていました。

しかし、増えただけではなく Blockquote(赤四角部分) が減っています。これって以前使ったことがあるし、あららーと思いましたが大丈夫、プラグインの設定画面で部品を増やしたり減らしたり出来るようです。

TinyMCE Advanced の部品を増やす

プラグインの設定画面を起動します。設定>TinyMCE Advanced をクリックします。

Image

設定画面です

Image

今表示されているエリアとまだ使ってない部品が置いてあるエリアがあります。

今表示されているエリアのアイコンが実際に表示されているものと違うので戸惑いますが
機能は同じもののようです。スペルチェックが実際には表示されていないようですが日本語だからかなぁ~と思います。

で、Blockquoteを追加したいのでドラッグ&ドロップします。

Image

ドラッグすると表示されているエリアに Blockquote が追加されました。

Image

忘れないようにページの一番下の Save Changes をクリックします。

Image

投稿画面を開くと Blockquote が表示されました。

Image

あまり使わない TinyMCE Advanced の部品を減らす

今度はあまり使わなさそうな部品を減らしたいと思います。スマイリーとかその他当分使わないかなと思うものを下のエリアにドラッグします。

Image

その他、色々下にドラッグしてみました。

Image

ページの一番下の Save Changes をクリックします。

Image

投稿画面で確認するとだいぶスッキリしました。

Image

使わないかなーと思って減らしてもあとですぐに戻せるので気軽にカスタマイズできますね。

ようやく 念願の小さい文字 が入れられるようになりました!

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/ 無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る