記事の下に著者紹介の表示をする Simple Author Box プラグイン

RYUS blogの記事はほぼ毎日兎本が書いていますが、天野も書く場合があります。このように複数の著者が書いている場合やにはどちらが書いているのかについて著者紹介をしたいと思うことが多いと思います。
そんなときに使えるプラグイン Simple Author Box があるという噂を聞いたのでさっそく入れてみました。
入れてみて思ったのですが、記事は検索結果などで直接見に来られることが多いので、著者が複数でない場合でも記事の下に著者紹介があるとわかりやすいと思います。

Simple Author Box をインストールする

Simple Author Box をインストールします。

ダッシュボード プラグイン>新規追加 をクリック

Simple Author Box と入力してリターン

今すぐインストール をクリック

プラグインを有効化 をクリック。これでインストールが終了です。

インストールした時点でどのように表示されているか?

インストールが終了した時点でどのように表示されているかを確認します。

こんな感じに表示されています。

天野の記事の下を見ると

自動的に天野のプロフィールが表示されていました。

この表示はユーザーのプロフィールから表示されます。現在は、

こんな感じにプロフィール画像だけは入っていて、プロフィール情報は入っていないため、こんな感じの表示になっているようです。

このプロフィール写真はGvavatarのものではなく、

別名:twentyfourteenで投稿者の写真を表示する方法–Simple Local Avatars編 昨日はWordPressのデフォルトであるGraviatarの画像

で設定したものでした。Gravatarもしくはこの方法でプロフィール写真を登録すると良いかと思います。

また、Simple Author Box プラグインを入れたことでプロフィールで各種SNSの設定が追加されていました。

表示の設定をする

Simple Author Box で設定できる項目を追加してみます。

まずは

ダッシュボード ユーザー>あなたのプロフィール をクリックします。

プロフィール ‹ w442 — WordPress

SNSなどのURL入力欄がとてもたくさんありますので、該当するところにURLを入力します。

プロフィール情報も入力して、

プロフィールを更新 をクリックします。これで、

このように表示されました。プロフィールでHTMLが書けるのでURLのリンクも付けられます。SNSのボタンをクリックすると各SNSにリンクしています。

Simple Author Box の設定で表示をカスタマイズしてみる

次に、Simple Author Box の設定で表示をカスタマイズしてみます。

ダッシュボード 設定>Simple Author Box をクリック

このような設定画面になります。

クリックするとオプションの値が変更できるのでこのようにしてみました。

変更を保存 をクリック

変更後はこのようになりました。著者画像が丸く切り取られ、SNSボタンが大きくわかりやすくなりました。SNSボタンをクリックしたときも別タブで開くようになります。

おまけ:スマホ表示もきれいにできていました


スマートフォンでの表示
を確認しました

Simple Author Boxの設定変更前

IMG_0829

Simple Author Boxの設定変更後

IMG_0830

ちゃんと表示されていました(^^)/

[Amazon sponsored link] WordPress デザイン 関連本
兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る