英語だらけで使い方がわからないプラグインが一瞬で親しみやすくなる

この記事のURLとタイトルをコピーする

この投稿はゴールデンウィーク元号が令和になった初日に公開するという予定西テあります。ということで、いつもとはちょっと違って「イヤそれ知ってるから」「小ネタだな~」(いつもが大ネタとは言いませんが(^_^;))と自分で思うんですが、というネタについて書きます!WordPressでプラグインを入れたときに、「なにこの説明英語だらけで意味がわからん、、」と諦めることありませんか?そんなときそのプラグインが一瞬で親しみやすくなる方法について書きます。

Google Chromeで右クリックして「日本語に翻訳」

いやもうこれ、完全に知っている人が多いと思ってるんですが知らない方にとっては超朗報です!

こぉんな「英語だらけで何が何だか…」というプラグインも

Google Chrome右クリックして「日本語に翻訳」するだけで、

こんなに!日本語になってくれて、翻訳もいまや完璧に近い精度でやってくれています!

どうです?すごい親しみやすくなりましたよね。英語を話してた外人さんが実は日本語も流ちょうで、日本語で話し始めたとたん急に親しみやすく感じる(個人的な感想)って感じ?です。この開発者のDavidもそうですよね。犬のデクスターにビスケットを買ってやらねば!と思わせられます。

リストボックスの中身も完璧に日本語に!

このプラグイン Simple Sitemap はショートコードでサイトマップを色々な形にしてできるもので、ショートコードの説明や、オプションも豊富にあるようです。

翻訳前のショートコードの説明は

このように表示されます。

オプションの説明は

こんな感じです。よく考えればわかる、けどあってる?と心配になる内容も、右クリックして「日本語に翻訳」すると

ショートコードの説明

ナビゲーションの説明

このように、必要十分に分かりやすい日本語になって、「これなら使える!」と思わせられます。

英語だけのプラグインの翻訳は誰でも手伝うことができます

ということで知っている人にとってはもはや常識だと思うんですがうっかりこの機能を知らないとだいぶ損をするのでは!と思いましたので記事を書いてみました。

また、Simple Sitemap のページに

このプラグインはまだ日本語に対応していません。翻訳を手伝いましょう。とあるように、翻訳を手伝うことができます。ご興味のある方はこちらのページからクリックして日本語化を手伝ってみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る

ゆうそうとについての説明

ゆうそうと とは東京都八王子市を中心として、WordPressによるWEBサイトの作成や、スポットでのIT相談を行ったり、年間契約でのIT顧問をなりわいとして活動しています。

特徴としては30年以上IT業界でプログラムを中心として仕事をしてきたものと、美大出身のデザイナーがワンストップで対応するため、幅広い対応が可能であることです。

IT相談は直接お会いしてのご相談の他、ZOOMによるオンライン相談も可能です。