サイトの訪問者をリアルタイムに確認できるPtengine ヒートマップも見れます!

mixiの昔からのFBF、ikukoさんのblogはWebサイトを作って集客など色々勉強してて大変参考にさせてもらっています。そのblogで「Ptengine」というサイトの訪問者をリアルタイムで見ることができたり、ヒートマップも見ることができるWebサービスを知りました。使ってみると毎日必ずチェックしてしまうほど楽しかったので、それについて書きます。

Ptengineはリアルタイムで訪問者の様子が分かるのでつい何回も見てしまいます

参考にさせてもらったblog
[WEB] Ptengineのヒートマップの見方と、ペルソナ設定の大間違いについて
ikukoさんが作成しているサイト→結婚式でご両親に贈る|還暦古希銀婚式にも☆筆文字つとむのWEBショップ

いつもは先にインストール方法を書くのですが、書き始めたら とても長くて 、まだなにも良さが分かってない状態でそれをみると嫌になってしまいそうなので先にどんな面白いサービスなのかを書きます(^^)/

登録や設定が完了してからPtengineのサイトにログインすると、

こんな感じの画面が表示され色々な情報が見られます。他のツールでもこれらの情報は見ることができると思いますが、1ページでぱっと必要が情報が見られたり、直近10分の情報がリアルタイムに(見ているあいだに数字が変わっていきます)変わるのはとても面白いです。

左右に矢印が表示されています。この右側の矢印をクリックすると更に詳細な情報が表示されます。

ここではリアルタイム(たった今!)に、どのページが何人の人に見られているか?みている人のプロフィール(地域やどこからこのページにたどり着いたかなど)を見ることが出来ます。

見ている間に刻々とこの表示が変わるのがとても面白いです。他に、



DATA CENTER
というタブをクリックすると、

その日の時間別グラフが表示されます。前日のグラフが薄く表示されているので、前日との比較が分かりやすいです。

これが噂のヒートマップ!人気のページはどこがより多く見られているか?

ヒートマップを見るには設定を行い、さらに翌日になるまで見ることが出来ないのですがそれについては後述します。まずは設定して翌日以降はどのように見えるのかについて書きます。

測定するページは無料版の場合1ページしか指定できません。私の場合は今一番アクセスのあるページ「Facebookのプロフィール写真をこっそり変える方法を試みました」を指定してあります。

PAGE SCENE というタブをクリックします。

今日の今現在のヒートマップが表示されます。数が多い方が傾向が分かりやすいので、1週間分のヒートマップを見てみます。

左上にある日付の所の▼をクリック

過去7日間 をクリック。

すると、このように何も表示されていなかった左側に青い丸が表示されるようになりました。

ヒートマップとは

を見ると左側の青い丸がよくクリックされたところ、右のサーモグラフィーのような色は赤に近いほどよく見られたところのようです。

左側(クリック)の ウェブビュー をクリックします。

このような注意書きが出て、確定 をクリックすると、

こんな感じで、ブラウザ上でのクリック状況が分かるようになります。これをみると圧倒的に目次がクリックされていますね(^^)/。これは、Table of Contents Plusというプラグインで自動的に表示されているものですが役に立ってるんだなぁと分かります(参照:「自動的に目次を追加するTable of Contents Plusはいい感じ♪」)

この表示は1ページまるまるあるのでどこがどのようにクリックされたかが分かってとても参考になります。

同じように右のサーモグラフィーの方のウェブビューを見ると、

こんな感じでどこが注目されて読まれたかがよく分かります。また離脱率というか、ここまでは80%の人が読んでいるというような事もわかるようです。

ページ分析(β版) をクリックすると、

このようにそのページにあるリンクのクリック数やクリック率が一覧となって表示されます。一番クリックされていたのは、

Facebookのプロフィール写真をこっそり変える方法はあるか? でした。タイトルや見出しの付け方の参考になります(^^)/。

まとめ:Ptengineは高機能でとても面白いです

今では毎日、時には一日に何度もこのPtengineの表示を確認しています。リアルタイムで!というところがとても面白いです。

無料版の制限として対象サイトは1サイト。ヒートマップに関しては1ページ。計測可能PV数25,000/月。ということのようです。このblogはPVがもっとあるようなのですが、今のところ毎日の計測は普通に見えていますがもうちょっとすると25000を超えてどうかなるのかも?しれません。

では有料版は、ということでプランを見てみたのですが、50000PVで月々14,800円とちょっと手が届かない感じ、でした。もうちょっとお安くなるとありがたいのですが。

あと、ついさっき知ったのですがWordPressのプラグインとしてPtengineを入れる方法もあるようです。いずれにしても無料アカウントだと1サイトしか計測できないので、このblogになら入れられるのかも?しれません。

ということで、ここまでで使い勝手の紹介は終わります。以降は設定方法について書きます。

Ptengineの無料アカウント登録をする

Ptengine

有料のサービスですが1サイトだけなら無料で使うことができます。

無料登録 ボタンをクリックして、

メールアドレス、パスワードを入れて まずは無料で登録 ボタンをクリックします。

この画面が出ます。メールを確認すると、

こういうメールが届いているので、開いて、

下記URLのクリックでメール認証が完了します。 と書いてある下のURLをクリックします。

このような画面が出ます。電話番号を入力して、入力内容の確認 をクリック

確定 をクリック。

利用開始 をクリックします。

ログイン画面 になるのでメールアドレスとパスワードを入力して ログイン をクリック

この画面になるので プロファイル登録へ をクリックします
プロファイルというのは Ptengine でサイトの訪問者などを確認したいWebサイトのことのようです。

私の場合は、このblogの情報を入力しました。次へ をクリックします

解析コードが表示されます。解析コードのコピー をクリック。これを、

解析を行いたい全てのページの <body> から </body> の間に貼り付けてください。

という指示に従ってペーストします。WordPressでサイトを作っているので、今利用している子テーマの header.php を開いて、 <body> と書いてある下に、このコードを貼り付けました。

使っているテーマを <body で検索すると貼り付け場所が分かるかと思います。

次へ をクリックします。

今すぐレポートを見る をクリックするとこのように、今何人の人が自分のサイトにアクセスに来てるかなどの情報が表示されます。

次回からはこの表示がデフォルトになります。

ヒートマップの指定方法

PAGE SCENE というタブをクリックします。

未設定の場合のみこの画面が出るので、ヒートマップ設定画面へ をクリック

ヒートマップを計測したいページのURLを入力して Add をクリック。

これでヒートマップの設定は終了です。設定した翌日からヒートマップを見ることが出来ます。

補足:無料版は25,000PVまでは本当でした

このblogを公開して数十分後、Ptengineからメールが来ました。

現在ご利用いただいているPtengineについて、ご利用プランのPV上限を超過し、データ計測を停止しました。翌月の1日より計測が再開されます。

ということでした(>_<)。やはり25,000PVまでの測定だったんですね。今現在のblogのPVだと有料プランでないと1ヶ月まるまるは計測できないということがわかりました。ということで、無料プランはまだそれほどPVが稼げていないサイトで利用するということが良さそうです。

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告

コメント

  1. […] Ptengine – Real time web analytics and Heatmap […]

トップへ戻る