投稿タイプを変更できるようになるプラグイン Post Type Switcher

この記事のURLとタイトルをコピーする

WordPressでコンテンツを書いているときに、固定ページで書いているつもりのものを投稿で作成してしまったり、またその逆をやってしまったりすることはありませんか?そんなときにPost Type Switcher を使えば、投稿を固定ページに、固定ページを投稿に変更することができます。それだけでなく、カスタム投稿タイプも変更できるので、便利です。

「投稿タイプ」って何?

ちょっとだけ投稿タイプについて書きます。WordPressに元々入っている投稿固定ページは両方ともデータベース状では同じテーブルに格納されています。投稿固定ページを分けているのが、投稿タイプで項目名としてはpost_typeとなります。

このpost_typeには

投稿:post
固定ページ:page

が入っています。

この他カスタム投稿タイプというものもこのpost_typeに独自の値を入れています。カスタム投稿タイプというと、独自にカスタマイズして、というイメージが強いですが例えば、

今とあるサイトを鋭意作成中です。そのサイトに よくあるご質問 ページを作ろうと思って以前ブログに書いたFlexible FAQ を使おう...

の記事でご紹介したUltimate FAQのようなプラグインもカスタム投稿タイプを使ったデータ形式になっていたりします。

これらの投稿タイプを変更できるのが今回ご紹介するPost Type Switcherです。

Post Type Switcherのインストール

Post Type Switcherをインストールします。

ダッシュボード プラグイン>新規追加 をクリック

Post Type Switcherと入力すると

このプラグインが見つかりますので、今すぐインストールをクリック

有効化をクリック。これでインストールが終了です。

固定ページから投稿に変更してみる

インストールしただけですぐに使えるようになります。

固定ページの編集画面を開いてみます。

赤枠で囲った部分に、投稿タイプを変更できる部分が追加されています。

Post type:固定ページのところにあるEditをクリック

リストボックスから、投稿を選択して

OKをクリック。

(忘れがちなのですが)更新をクリック。

これで、

このように投稿での編集画面が表示され、投稿タイプが変更できたことがわかります。

投稿から固定ページにして、戻したとき、カテゴリーはどうなるか?

今度は逆に、投稿から固定ページに変更してみます。

このように、カテゴリーが指定されています。

先ほどの手順で、固定ページに変更してから、再度、投稿に戻してみました。

気になっていたカテゴリーは失われず、元に戻りました。

カスタム投稿タイプを使ったプラグインのカスタム投稿タイプを変更する

よくある質問を作ることができるプラグインUltimate FAQも、カスタム投稿タイプを利用しています。

インストールしてから見てみると、

Post TypeFAQが追加されています。固定ページを、

このように

FAQに変更することもできます。

まとめ:Post Type Switcherの使いどころ

このプラグインを見つけたのはゆうそうとのホームページを作ったときでした。最初は、投稿だけで「お知らせ」「お客様事例」「ブログ」を書いていましたが、途中からカスタム投稿タイプを使って、別々で管理したいということになりました。

しかし、たくさんコンテンツがあったので、コピペして移動させるのはちょっと気が遠くなりそう、と思ってそのような機能はないかなと探したところ、このPost Type Switcherを見つけ、大変簡単にコンテンツを移動することができました。

このように途中からカスタム投稿タイプに分けたいときなどにとても便利だと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る

ゆうそうとについての説明

ゆうそうと とは東京都八王子市を中心として、WordPressによるWEBサイトの作成や、スポットでのIT相談を行ったり、年間契約でのIT顧問をなりわいとして活動しています。

特徴としては30年以上IT業界でプログラムを中心として仕事をしてきたものと、美大出身のデザイナーがワンストップで対応するため、幅広い対応が可能であることです。

IT相談は直接お会いしてのご相談の他、ZOOMによるオンライン相談も可能です。