プラグインPolylangを使って、ホームページ多言語化 その2:下準備 ウィジェットなどの修正

Photo by Element5 Digital on Unsplash

前回の「プラグインPolylangを使って、ホームページ多言語化 その1:インストールして使ってみる」ではPolylangというプラグインでホームページを多言語化するための最初にする設定などについて書きました。
今回は多言語サイトにするための準備作業と、ウィジェットなどの修正について書きます。

ホームページを多言語化するための下準備

本格的にホームページを多言語化するときにある程度の下準備が必要だと言うことがわかりました。今回はテーマLightningを使って、プラグインVkExUnitも入った状態での多言語化をしています。本格的に多言語化をするために表現方法を変更するなど蛇管変更した箇所がありますので、それについて書きます。

LightningトップページPRブロックはウィジェットに置き換える

Lightningをインストールすると自動的に表示されている「LightningトップページPRブロック」があります。英語版にしたときに自動的に英語の表記に変わったのですが、英語の表記内容をどこで変更するのかがちょっとわかりませんでした(WordPress自体の設定を英語にすればできるのかもしれません)。このブロックはウィジェットでも同じような表現ができるので、

ダッシュボード 外観>カスタマイズ>LightningトップページPRブロック で このPRブロックを表示するのチェックを外して公開をクリックして、表示しないようにしておきます。

ダッシュボード 外観>ウィジェット で 

VK_PR Blocks というウィジェットを追加します。このとき、

ウジェットを表示する言語: (ウジェット<ウィジェットだと思います)で、日本語を選んでおきます。英語版ののウィジェットを追加するときはEnglishを選びます。

Lightningのスライダーに表示する文字を日英にしておく

Lightningのスライダーはカスタマイズから指定できますが、ここでも言語別に文字を入れることはできません。ということで

このように日本語だけの表記だったのを

日本語と英語を併せて書いてみました。

メニューに言語スイッチャーを入れておく

どこからでも言語を変更できるようにメニューに言語スイッチャーを入れておきます。

ダッシュボード 外観>メニュー をクリックしてメニューに言語スイッチャーにチェックをして、メニューに追加をクリックします。

言語名を表示する現在の言語を非表示にするにチェックを入れて、

メニューを保存をクリックします。

このようにメニューにEnglishと表示されます。

Vk ExUnitのデフォルト設定を変更する

英語コンテンツを表示していて気づいたのですが、

このように、英語コンテンツの下に日本語のお問い合わせ情報が表示されていました。この部分はVk ExUnitというプラグインでデフォルトで(プラグインをインストールしてなにも設定していない状態)表示されています。この部分は他の言語を指定できませんので、この表示を行わないように外しておきます。

アドミンバーの Vk ExUnit>有効化設定 をクリック

お問い合わせというところにあるチェックを

外して

変更を保存をクリック。これでお問い合わせが表示されなくなります。

英語版のホームページでどの部分を表示するのかを決めておく

すべてのページやブログを英語版にできればよいのですが、準備が大変なので英語版にするコンテンツを決めてみました。

日本語版のホームページから赤枠を除いた部分を英語版にしたいと思います。

残作業:英語コンテンツの作成とメニューの作成

これで多言語化の準備ができたので残りの作業は

英語版ページで表示する

  • 固定ページの英語コンテンツ
  • ウィジェットの英語版
  • メニューの英語版

の作成です。これらについてはまた次回のブログで書こうと思います。

前回のブログはこちら

ホームページの多言語化についてはいろいろなプラグインを試してきました。ボタンをクリックすれば自動的に翻訳してくれるというようなプラグイン...
兎本美佳

ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ゆうそうとITブログはMIXHOSTで運営中
スポンサー広告
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

280人の購読者に加わりましょう

トップへ戻る