iPhoneの写真をDropboxに保存したときに年月フォルダに振り分ける方法

iPhoneで写真を撮ることを楽しみとしていますが、2011年のある日写真が消失しているという衝撃的なことがありました。

それは、、iCloudで写真をバックアップしていたつもりでいたのですがiPhoneを買い換えたときに写真を移動しようとしたらある期間の写真がなくなっているという事件(!)でした。

自分が勘違いしていたのですがiCloudは写真の一時的な保管に使うもので1000枚を超えたり30日を超えたりすると自動的に削除される、といったものだったのです。

Windowsユーザーなので推奨されるような使い方とは違っているし、ではどうすればいいかなと思って調べたらdropboxに自動的にアップロードしてくれるという方法がよさそうだったのでそれ以来、カメラアップロードを使って写真をPCにバックアップしています。

スポンサーリンク

dropboxカメラアップロードをすると1つのフォルダに写真が保存される

iphoneを使っているPCにUSBで接続すると、カメラアップロードフォルダに自動的に写真と動画がアップロードされます。自動でやってくれるので充電と共に行えるこの方法は便利です。

フォルダはこのようになります。

Image

ブログなどで選んで使いたいと思って縮小表示をしていますが、1つのフォルダに膨大な写真が保存されているので、表示するのにもだいぶ待たされます。日付毎の並べ替えも時間がかかります。

そこで年月でフォルダ分けできたらなぁ、と調べたのですがMac用のものは見つかったのですがWindows用のものがなかったので自作しました。

年月フォルダに振り分けるVBScript cameraupload_furiwake_ym.vbs

cameraupload_furiwake_ym.vbs

というものを作ってみました。使い方は カメラアップロードフォルダ にこのvbsを置きます。
ダブルクリックします。すると年月別フォルダに振り分けられます。

ダウンロードと使い方

こちらにファイルを置きました → cameraupload_furiwake_ym

zipファイルになっていますので解凍してください。解凍してできた cameraupload_furiwake_ym.vbs ファイルをdropboxのカメラアップロードフォルダに入れてください。あとはカメラアップロードに新しい写真を入れたときにこのファイルをダブルクリックするだけで年月フォルダに移動してくれます。

ご注意:
多くの環境でテストをしていませんのでお使いの際はご自身の責任で行ってください。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る