自分のメールアドレスが迷惑メールに振り分けられていた件の原因と対策

ホームページのお問い合わせにContact Form 7を入れています。たまにフォームの内容を変更したときなど、テストメールを自分宛に送ったりするのですが「あれ?なぜか届かない???」ということがありました。結論から言うと、なんと「迷惑メール」にお問い合わせメールが届いていました。お問い合わせメールはとても大切なものなのになぜこんなことが…!と思ったら、スパムメールに対して行った自分の行為が原因だったということに気づきました。今回はそのことについて書いてみます。

スパムメールのせいで自分のメールアドレスをスパム判定してしまった、その理由

日々送られてくるスパムメール。特にお問い合わせから来るメールは「おっ!」と思ってすぐにお返事を…と思うのにその中身がスパムメールだとがっかりしますよね。

こんな感じのメールがよく届きます。ついかっとなって、

この「迷惑メールを報告」ボタンを押してしまうこともあるのですが、これはやってはならないことでした(^_^;)。通常のスパムメールであれば「迷惑メールを報告」ボタンを押して、今後はなるべく迷惑メールに振り分けられるようにするのは良いのですが、よく考えるとこのメールの送信元メールアドレスは自分のメールアドレスにしています。

これには深い理由があって、詳しくは

サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されている。

にあるように、

メールタブの送信元項目に指定された値が、正しい形式のメールボックスではあるものの、そのメールアドレスがウェブサイトと同じドメインに属していない、という場合にこのタイプのエラーが表示されます。

というエラーを避けるために、フォームの送信元をそのWEBサイトに属するメールアドレスにしているためです。

つまり https://usort.jp のWEBサイトに置いてあるContact Form 7のメール設定で差出人はxxxxx@usort.jpというようなメールアドレスにしています。

そのため、今回のように完全にスパムメールだと思っても、差出人は自分が使っているメールアドレスであるために、「迷惑メールを報告」ボタンを押してしまうと

自分のメールアドレスをスパム判定する。その後「迷惑メール」に入る可能性がある

ということになってしまいます。

普通のメールなら迷惑メールに入れるのは大丈夫。。。

普通のメール、つまり送信者が迷惑メールを送ってくるメールアドレスだった場合は迷惑メールに入れることは大丈夫、というかそうして置いた方がいいと思います。不要なメールが受信箱に入らなくなるからです。

迷惑メールに入ると、普通に検索しても出てこない

「迷惑メール」に入ると普通に検索しても出てきません。これが第2の問題です。

来ているはずだけど見えてないメールを探すとき、Gmailの検索機能を使うと思います。

迷惑メールに入ってしまうと、こんな風にメールアドレスや件名を入力して検索しても「届いているはずのメールが見つからない」ことになります。赤枠で囲ったところをよく見ると

[ゴミ箱]または[迷惑メール]内のメールが検索条件に一致しています。

メールを表示しますというリンクををクリックすれば表示させることはできますが、検索結果がないということに焦っているので、なかなか気づきません。その結果「やっぱり届いていない!」ということで焦ってしまいます。迷惑メールとなったメールはこのリンクをクリックするかあるいは、迷惑メールをクリックして、上部の

in:spamのあとに、検索したいメールアドレスや件名を入力すれば迷惑メール内を検索することが出来ます。もちろん検索窓にin:spamと入力しても同じように検索できます。

というように、一度迷惑メールとなってしまうと通常見ている範囲にメールが見当たらなくなり、かなり焦ってしまいます。

そもそも「迷惑メール」自体が見えにくい、ということ

そもそも「迷惑メール」というラベルって通常は表示されていません。Gmail画面の

左側にラベルが並んでいますがその一番下のもっと見るをクリック

することでようやく見えてきます。たしかに通常は見る必要もない迷惑メールなので、通常はこの状態の方が快適なのですが、そのためになかなか気づきにくいということになります。

迷惑メールになってしまったメールアドレスを「迷惑メールでない」状態にする

ということで、大事な自分のメールアドレスを迷惑メールにしてしまった場合は「迷惑メールでない」状態にする必要があります。

迷惑メールに入っている、自分のメールアドレスからのメールを開くとメールの上部に

このメールが[迷惑メール]に振り分けられた理由 あなたは以前 xxxx@usort.jpからのメールに迷惑メールのマークを付けました。

と、因果応報的な、、メッセージが書いてありました。うーん、確かにしました。。。これを回復させるにはここにある迷惑メールでないことを報告をクリックします。

これで、自分のメールアドレスがスパムに振り分けられないようになる、と思います。すぐに回復するかどうかは不明なので、一度こうなってしまった場合はしばらくの間は迷惑メールを検索してみるといいかなと思います。

迷惑メールは30日で消えてしまう!

また、迷惑メール

[迷惑メール] のメールは、30 日後に自動的に削除されます。迷惑メールをすべて削除 とあるように30日後には自動的に削除されます。通常は迷惑なメールなので問題ないのですが、自分宛の大事なメールがここに振り分けられると30日後には消えてしまうので困ったことになると思います。

自分は大丈夫!と思っても一度迷惑メールを検索してみましょう

まさか自分の行いによって、自分のメールアドレスをスパム判定してしまっていたとは、と思いました。まさか、自分は大丈夫!と思っても一度迷惑メールで自分が使っているメールアドレスを検索して、大事なメールが迷惑メールになっていないかどうかを確認してみましょう。

そもそもスパムがくるのが困る!その対策は

最近スパムが多くなってきて困っています。以前GoogleのreCHAPTCHA v2についてブログを書いたのですが、Contact Form 7のアップデートで、reCHAPTCHA v3でないと使えなくなってしまい、外したままでした。スパムが多すぎることが根本の原因なのでやはりreCHAPTCHA v3を入れようと思います。それについてはまた別途ブログで書くかもしれませんが、Contact Form 7のページにもやり方が書いてありますので、こちらも参考にしてみて下さい。

Contact Form 7 reCAPTCHA (v3)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る

ゆうそうとについての説明

ゆうそうと とは東京都八王子市を中心として、WordPressによるWEBサイトの作成や、スポットでのIT相談を行ったり、年間契約でのIT顧問をなりわいとして活動しています。

特徴としては30年以上IT業界でプログラムを中心として仕事をしてきたものと、美大出身のデザイナーがワンストップで対応するため、幅広い対応が可能であることです。

IT相談は直接お会いしてのご相談の他、ZOOMによるオンライン相談も可能です。