WordPressでWebサイトを作る(3) Jetpackをインストールする

WordPressでWebサイトを作るシリーズとして、インストール直後の設定 プラグインAkismetの設定 を書いてきました。
今回はお勧めのプラグインJetpackのインストール方法について書きます。

Jetpackをインストールして有効化する

ダッシュボード プラグイン をクリックして

新規追加 をクリック

通常はプラグインを検索から名前を入力して検索しますが、Jetpackはこの時点で注目で表示されていましたので いますくインストール をクリックします。

プラグインを有効化 をクリックします。これでインストールは終了です。

Jetpackの設定 WordPress.comと連携する

インストールが終了したので、Jetpackの設定をします。

ダッシュボードで Jetpack をクリックします。

プラグインAkismetの設定 でも行いましたが、Jetpackでもはやり WordPress.comとの連携をします。

WordPress.comと連携 ボタンをクリック

・WordPress.comにログインしていないとき

このログイン画面になります。WordPress.comユーザー名パスワードを入力して Jetpackの認証 をクリックします。まだアカウントが無い場合はこちらから登録します。

・WordPress.comにログインしているとき

内容を確認して、 Jetpackの認証 をクリックします。

WordPress.com との連携が終了すると、

このような画面となり、Jetpackの設定が終わりました。

Jetpackをインストールすると有効になっている機能

ダッシュボード Jetpack>設定 をクリックすると、

機能の一覧が表示されます。左端が水色になっている機能が現在有効になっているものです。

有効にしたい機能があったら、

その機能の行右側にカーソルを持って行くと 有効化 という文字が出ますので、クリックすると有効になります。

逆に、有効になっている機能を無効にしたいときはその行の右側にカーソルを持って行き、

停止 をクリックします。

まとめ:Jetpackの機能はたくさんあります

このblogを Jetpack で検索すると記事は 25件 ヒットしました。Jetpackの機能についての記事もありますので、参考にしていただけたら幸いです。

このblogでは画像の編集に photon、毎日のView数などの確認に統計情報、記事を書くときに Markdown 、記事を書いて保存したときにはFacebookとtwitterとGoogle+にシェアする 共有 他を使っています。

かなり便利なプラグインですので、インストールすることをお勧めします(^^)/

兎本美佳

ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

259人の購読者に加わりましょう

トップへ戻る