Jetpackを4.3.2にアップデートしたら「サイトが Jetpackと通信できないようです。」となったときの対処方法

週末にJetpackのアップデート通知が来たのでアップデートをしたところ「サイトが Jetpackと通信できないようです。」というエラーが出ました。
ここ数週間ほど、パブリサイズ共有ができていないなどの問題もあったため、このエラーを消さないといけないなと思って消すことができましたのでそれについて書きます。
*追伸:パブリサイズ共有も復活しました(^^)/

スポンサーリンク

Jetpackを4.3.2にアップデートしたら「サイトが Jetpackと通信できないようです。」となった状況

週末のことですがJetpackの更新通知が来ていました。実はここ数週間ほどJetpackのパブリサイズ共有でFacebookとTwitterとGoogle+に共有できていたものが、共有できない状態になっていました。そのため、今回のJetpackの更新で再びできるようになるのかも?と期待してJetpackの更新をしました。

更新後、

ダッシュボード プラグイン一覧 でJetpack のところから サポート をクリックしてみると

このようにエラーが表示されていました。

サイトと Jetpack サービスとの通信能力に問題があるようです。

というタイトルの下には、

サイトが Jetpackと通信できないようです。

と。うーん、これはいったい何だろう?と思いました。そもそもJetpackのサポートをクリックしてみたのも初めてです(以前からあったんですかね~?)。

しかしエラーの文章を読むと「これが更新前から起こっていて、そのせいでパブリサイズ共有ができていなかったのでは?」という疑問がわきました。

ということであればこのエラーを解決すれば再びパブリサイズ共有できるのでは?と期待が出てきました。

サイトが Jetpackと通信できないようです というエラーを解消した方法

エラーを解消するために対処方法を検索していくつかの方法を試しました。結果的には、私のWebサイトでエラーが解消できた方法はwordpress.comとの連携のしなおしでした。

うっすらとそうすればいいのかも?と思ったのですが不安だったのは「wordpress.comと連携をしなおすと今までの統計情報などが見れなくなってしまうのでは?」ということでした。しかし、よく考えると表示されているデータは連携しているIDのwordpress.comのWebサイトにデータが保存されているので接続し直したところでデータが消えてしまうわけでは論理的にないし、大丈夫と思ってすすめました。

プラグインの一覧から

Jetpack の行の下にある 停止 をクリック

有効化 をクリック

ページの上部にこのように表示が出るので WordPress.comと連携 をクリック

WordPress.comにログイン中の時はこのように表示されます(ログイン中でなければログイン画面が表示されるのでからログインします)。承認する をクリック

サイトの連携が完了しました と表示されます。これで連携は終了です。

プラグイン画面に戻るには

ブラウザの 戻る ボタンをクリックします。

プラグイン一覧に戻ります。Jetpack の サポート をクリック

Jetpackが正しく設定されています となって、エラーが解消されました(^^)/

まとめ:連携し直しで統計情報に影響はありませんでした

このように連携をし直しても、統計情報に影響はなく以前と同じように見ることができました。

肝心のパブリサイズ共有ですが、Jetpackを更新してからまだ記事を投稿していないので今時点で分かっていません。この記事を投稿すれば結果はわかりますので(ドキドキ…直ってるといいなぁ)、結果が分かりましたら追伸で書きますね!

(追伸)

できたぁ~!と思わずガッツポーズしちゃいました(^^)/。

ということなら パブリサイズ共有ができていない人はJetpackのサポートをチェックして、エラーが出ていたらWordPress.comとの連携し直し をすれば直るかも!です!!!

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る