昔のインターネットのWebサイトを閲覧できるInternet Archive

今日あるサイトを見ていて「このWebサイトっていつからあったんだろう?」という疑問を持ちました。そこで以前聞いたことがある昔のWebサイトを閲覧できるInternet Archiveというサービスを思い出して試してみました。そのサイトがいつからあるかが分かるだけでなく当時のサイトもみることができるのでかなり楽しめます。ということでInternet Archiveのご紹介をします。

Internet Archiveとは?とその使い方

WikipediaにこのInternet Archiveの情報がありました。

Internet Archive Wikipedia

アーカイブは1996年にブリュースター・ケールによって設立された。

公式サイトによれば、その使命は以下のとおりである:

大抵の社会はその文化、歴史遺産の保存を重視している。そのような資料が無ければ、文明はその成功または失敗から学ぶための手段も記憶も持てない。我等の文化は現在電子形態での資料を大量に生産している。アーカイブの使命は、これらの電子資料の保存を支援し、研究者・歴史家・学界のためのインターネットライブラリを構築することにある。アーカイブはアメリカ議会図書館やスミソニアン博物館などの他機関との恊働も行う。人類の知識と遺産を保存してそのコレクションを公開するというその目標からか、アレクサンドリア図書館に例えられることもある。

と、このようにあります。1996年から始まった歴史的な遺産を残すために行われている事業のようです。アレクサンドリア図書館の現代版というたとえがわかりやすいです(^^)/。

Internet Archive トップページ

こちらがトップページになります。ここに書いてあるように 4,340億を超えるページから検索することができます。この http://欄 に入力するか、直接

Internet Archive Web

Internet Archive Web の http://欄に

検索してみたいサイトのURLを入力して BROWSE HISTORY をクリック

このような表示が出ました。これを見ると、1996年からYahooは存在していて、棒グラフの線を見ると、近年になるにつれどんどん更新頻度が上がっている?ような感じです。

1996年当時のサイトを見てみたいと思います。



1996年
をクリックします

カレンダーで見ると一番古い日付が 1996年11月20日 のようなのでこれをクリック

「あー、こんなだったな~」と懐かしい気持ちになりました。当時はまだ確かディレクトリ型の検索サイトで、Yahooに登録されたサイトだけが表示されていた気がします。

上の方に表示されているグラフの真ん中のあたりをクリックしてみます。



2005年9月15日
のYahoo!です。コンテンツがかなり充実して、ニュースも表示されていますね。愛知万博とか懐かしいです。

リンクをクリックしたらどうなるか?

愛知万博の記事をクリックすると、

このように一覧ページに飛びました

その中のリンクをクリックすると、

このように記事も見ることが出来ました。サイトによってどこまでアーカイブされているかが違うのですが、Yahoo!はわりとたくさんとってあるようですね。

古い新聞紙をたまたま見つけて見入ってしまうように、色々懐かしく見てしまいます(^_^;

このblogの過去も見てみました

この RYUS blog の過去も見てみました。

一番古いデータで2014年5月でした。2014年2月の終わりから始めたので保存され始めるまで3ヶ月ぐらいかかっているようです。

アーカイブもまだ4行だと何も問題を感じませんね(^_^;。

まとめ:インターネットの記録は面白いようで怖いようで

このように過去の色々なページを懐かしんだりするのはとても楽しく、時間を忘れてしまいます。

自分が関わったサイトだと一番古く残っていたものは1997年のWebページでした。今から18年も前(!)に作ったページでまたこれを見ることが出来るとは思ってもいませんでした。しかし今見るとあれもこれも、、、あーーー(^_^;となるような内容でそれは当時の技術としては問題ないし仕方ないのですがやはりちょっとあーーーーとなります。

もっと古く1995年頃に作ったページがありますが、さすがにそれはURLもおぼえていないし昔過ぎるのでアーカイブはされていないようです(良かった…)。

このようにサーバーから消し去ってもいつまでも残る可能性があるので、Webページやインターネット上での足跡には今からでも十分注意したいと思います。



兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/ 無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る