その場で外観を確認できるfavicon作成サービス iconifier.net

この記事のURLとタイトルをコピーする

新しくWEBサイトを作るときにはやはりfaviconがあるといいと思います。以前「写真や画像から簡単に各種faviconを作成してくれるWebサービス」という記事を書きました。画像をアップロードするだけでfaviconができちゃうとても便利なサービスです。今回もほぼ同じサービスなのですが、ダウンロードする前にどんなfaviconになったかを表示してくれるのが便利だなと思いました。そのサービスについてご紹介します。

faviconを作ってくれるサービス iconifier.net

iconifier.net

こちらのサイトです。

参照 をクリックして、faviconにしたい画像を指定します。

iconify ボタンをクリック

ダウンロードする前に、アイコンがどのようなものになったのかを表示してくれます。この、事前に表示する機能があるのが iconifier.net の特長です。

事前に確認できるから納得できるまでやり直せる

今回は  という漢字一文字をfaviconにしてみました。ほぼだいたい大丈夫な感じがするんですが

favicon.ico がちょっと  なのか 新潟の潟 なのか なのかちょっとよく分かりません。

サイトの性格にも寄ると思いますが、もうちょっと分かりやすくしたいのでひらがなはどうかな?と試してみます。

今度ははっきりと  が分かるので、別の文字には見えません。こんな感じで試しながらfaviconを作ることができるので便利だなと思います。

まとめてダウンロードして使ってみる

表示されているfaviconやアイコンはまとめてダウンロードできます。左上にある、

このアイコンをクリックするとダウンロード出来ます。解凍すると、

このようにfaviconやアイコンファイルと iconifier-readme.txt というファイルがあります。このファイルを開くと、

こんな感じで、アイコンやfaviconの指定方法や注意書きが書いてありました(英語)。

まとめ:大きいアイコンと小さいアイコンやfaviconを別の画像にする

このようにその場で見比べファイル名も分かりやすい名前を付けてくれて、一括でウンロードできるのでHTMLやテーマに追加するのも簡単です。

先ほど見たように大きなアイコンだったら漢字でも問題ないというかそちらの方が分かりやすいので、大きいアイコンは漢字で作った画像を使い、小さいアイコンやfaviconはひらがなで作った画像を使う、などという方法も簡単にできそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る

ゆうそうとについての説明

ゆうそうと とは東京都八王子市を中心として、WordPressによるWEBサイトの作成や、スポットでのIT相談を行ったり、年間契約でのIT顧問をなりわいとして活動しています。

特徴としては30年以上IT業界でプログラムを中心として仕事をしてきたものと、美大出身のデザイナーがワンストップで対応するため、幅広い対応が可能であることです。

IT相談は直接お会いしてのご相談の他、ZOOMによるオンライン相談も可能です。