Googleウェブマスターツールにサイト情報を追加する方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

GoogleウェブマスターツールはサイトのSEO対策をするために使うと良いツールだと聞いています。新しくサイトをつくったので、そのサイトの情報をウェブマスターツールに追加してみたいと思います。

Googleウェブマスターツール とは?

Googleウェブマスターツールとは

このページに説明がありました。

ウェブマスター ツールとは、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視し、維持できる Google
の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするためにウェブマスター
ツールに登録する必要はありませんが、登録していただくと、自分のサイトが Google
にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

うーんと、Google検索結果に表示されるように登録する必要はありません、ということはSEO的に良くなるということに直接的に関係はして無いということ、かな。しかし、結果的には 検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できる ようになるから、検索されやすくなる=SEO的に良くなる と間接的に良くなる感じとお見受けしました。

Googleウェブマスターツールにサイトを追加する

Googleウェブマスターツール

上記サイトに行きます。ログインしていないときはGoogleアカウントでログインします。

初めてウェブマスターツールを利用する時は

この画面になるので、

テキストボックスにサイトのURLを入力して、サイトを追加をクリックします。

既に他のサイトが登録済みの時は、

右上の方にある サイトを追加 をクリック

ポップアップした画面に追加したいサイトのURLを入力して、続行をクリックします。

サイトの所有権を確認する

次に

この画面になります。おすすめの方法はHTMLファイルをアップロードして確認する方法です。どのようなサイトでもこの方法で確認できそうです。

WordPressではもう少し簡単な方法でできるようなので、その方法について書きます。

別の方法 タブをクリックして、HTMLタグ のラジオボタンをクリック

metaタグが表示されるので content=”xxxxxxxxxxxxxxxxxx“ で表示されている文字列(xxxxxxxxxxxxxxxxxx部分の文字列)をコピーします。

WordPressサイトのダッシュボード

ツール>利用可能なツール をクリック

Web サイト認証サービス の Google Webmaster Tools とある欄に、先ほどコピーした文字列をペーストして

変更を保存をクリック

ウェブマスターツールの画面に戻り 確認 をクリックすると、

所有権が確認された というメッセージが出ます。これでウェブマスターツールへサイトを追加が終わりました。

ウェブマスターツールの使い方については別途書きます

所有権が確認された画面で

続行 をクリックすると、

ウェブマスターツールを利用するための画面になります。まだ登録したばかりで結果がないようです。この画面のの使い方については色々できることがありそうなのでまた別途書きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る

ゆうそうとについての説明

ゆうそうと とは東京都八王子市を中心として、WordPressによるWEBサイトの作成や、スポットでのIT相談を行ったり、年間契約でのIT顧問をなりわいとして活動しています。

特徴としては30年以上IT業界でプログラムを中心として仕事をしてきたものと、美大出身のデザイナーがワンストップで対応するため、幅広い対応が可能であることです。

IT相談は直接お会いしてのご相談の他、ZOOMによるオンライン相談も可能です。