GoogleドライブにエクセルファイルをアップしてGoogleスプレッドシートとして使う

Image

最近よくGoogleスプレッドシートを使っています。スプレッドシートを新規作成して作ることが多かったのですが、ローカルにあるExcelファイルもアップできる機能があります。Googleスプレッドシートとして使おうと思ってアップしてみたところ、ちょっとつまづいて解決したのでそれについて書きます。

Excelファイルをアップするとそのままの形でアップされてしまった

明日からオープンする コワーキングスペース八王子 の売り上げ管理は、コワーキングスペース7Fさんの記事「コワーキングスペース7Fの日々の売上管理は、SquareレジアプリとGoogleスプレッドシートを使っています。」 にあったエクセルを使ってやってみようと思いました。Googleスプレッドシートならスタッフで共有しているドライブに置いておけば、受付当番の人がそれぞれ記入できるはずです。

Image

エクセルシートをダウンロードして、

Image

Googleドライブアップロードボタン(上矢印) をクリックして ファイル をクリック、

Image

アップロードが完了しました。

Image

アップしたファイルをクリックしてみると、

Image

見ることができませんでした。エクセルのままアップされたので見ることが出来ないし(ブラウザの環境によっては見えるかもしれません)、ダウンロードすることしかできない。。。エクセルファイルここにおいといたからダウンロードしてね、という使い方はこうなるので、当たり前か(^_^;。

ExcelファイルをGoogleスプレッドシートに変換してアップする

じゃ、Googleスプレッドシートに変換してアップするにはどうすればいいのかなということですが、設定が必要でした。

Image

Googleドライブの右上にある 設定(歯車のマーク) をクリックします。

Image

アップロード設定 のところにカーソルを持って行くとサブメニューが開いて、

アップロードしたファイルをGoogleドキュメント形式に変換
アップロードしたPDFや画像ファイルからテキストに変換
アップロード前に、毎回設定を確認する

と表示されます。

アップロードしたファイルをGoogleドキュメント形式に変換

と、

アップロード前に、毎回設定を確認する

をクリックして

Image

こういう状態にしておきます。

先ほどと同じファイルをアップしてみます。Googleドライブ>アップロード>ファイル、でローカルのファイルを選択すると、

Image

このようにポップアップが表示されました。先ほど、「アップロード前に、毎回設定を確認する」 にチェックを入れたことでポップアップが表示されているようです。

Image

アップロードを開始 をクリックします。

Image

アップロードが終了するとこのメッセージが出ました。変換しました とあります。

Image

Googleドライブを見ると、今アップされたファイルは uriage となっていて、先ほどのものは uriage.xlsx となっています。

uriageをクリックしてみると、

Image

Googleスプレッドシートになっていました(^^)/。

Image

数字を入れると、金額も計算されるので 関数も生きている ようです!

まとめ:GoogleドライブにExcelファイルをあっぷするときには

GoogleドライブにExcelをアップするときに「Googleスプレッドシートに変換してアップしたい」という可能性がある場合は、上記の設定をしておくExcelシートそのままアップするということとGoogleスプレッドシートに変換してアップするということがアップするときに選択できるようになります。

Excelそのままでアップしたいときは、ポップアップ画面で、アップロードしたファイルをGoogleドキュメント形式に変換のチェックを外してから、アップロードを開始 をクリックします。

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る