一度もしてなかったgmailのバックアップをGoogle Takeoutで取ってみた

先週のことですが、Facebookのタイムラインを見ていたら「Gmailが消えてしまった!」という書き込みがありました。Gmailが消える…という恐ろしいことを全く考えたことがなくて、そういうときの対策としてどうすればいいのかなぁと思いました。
検索してみるとGoogleの提供しているTakeoutというサービスでメールのバックアップが取れるようだったのでそれを試してみました。

Google Takeout ページへの行き方

Google Takeout というサービスのURLを貼ろうと思ったのですが、コピーしたURLをクリックすると

こんな警告が出てしまいます。

ということで、実際のURL

Google Takeout を検索してURLがGoogleっぽい(accounts.google.comみたいな)一番上をクリックします。

Googleにログインしていなければ

このようにメールアドレスを入れて、その後パスワードを入れてログインします。

Googleにログインしていても

再度パスワードを入力することになります。Google Takeoutを使う際、何度も入力する場面がありますがセキュリティのためみたいなので面倒ですが何度もログインしましょう~

Google Takeout の画面です。アカウントの保護、管理、安全対策がこちらでいろいろできるようですね。

Google Takeoutでgmailのバックアップを取る方法

Gmailのバックアップを取るには、

個人情報とプライバシー設定 の コンテンツの管理 をクリック

コンテンツの管理 ページになるので

自分のデータをダウンロード のところにある アーカイブを作成 をクリック

アーカイブする対象を選びます。最初は全部選択されているので、

選択を解除 をクリックして全て解除してから

gmailのここをクリックして、

選択済みにします。

画面の下にある 次へ をクリック

確認画面になります。

配信方法として、デフォルトの ダウンロードリンクをメールで送信 の他に Googleドライブに追加 も選べるようです。

私の場合はダウンロードリンクをメールで送信 で良かったのでこのまま アーカイブを作成 をクリックします。

この画面が表示されました。「メールのアーカイブの作成には数時間~数日かかる場合があります。」とあるように、やはり時間がかかりそうです。

待つこと○日、gmailのバックアップができました

ときどき Google Takeout のページで見ていましたがずっと、まもなく完了… の画面のままでした。

待つこと1.5日、時間にして37.5時間後やっとメールが来ました(^^)/

こんな感じのメールです。アーカイブは2つに分かれているようです。

メールにある 2件中1件のアーカイブをダウンロード をクリック

パスワードを入力

この画面が一瞬出ますがすぐにダウンロードファイルの保存ポップアップウィンドウがこの画面の上に出ます。この画面の内容を見ると10月29日に作成したアーカイブは11月6日までダウンロードが可能なようです。

ポップアップ画面でどの場所に保存するかを決めて 保存 をクリックします。13.64GBもあるので慎重に場所を考えて保存したいと思います。

2つめのファイルも同様にダウンロードします。

2つめのzipファイルを解凍すると、Takeout というフォルダができて、index.htmlが入っていました。

これをインターネットエクスプローラー(IE)で見るとこのようにファイルの使い方などが表示されていました。



chromeやFirefox
ではこんな表示で、???と思いましたが Gmail の絵のアイコンをクリックすると

説明が表示されます。うーん、謎仕様。

まとめ:gmailが消えてしまう!という怪現象…

gmailが消えてしまうという怪現象について検索してみたのですが、どうも不確かです。Googleではテープでバックアップを取っているので数日すれば戻るという説を見つけたりもしました。なにより、gmailの中身が全部消えてしまったという状況が検索してもあまり見つかりません。

なのでFBFのgmailももしかしたら数日したら戻る、、のかなぁ、、戻るといいなぁと思っています。

このバックアップの方法は時間もかかるし大変なので、年に1回か2回やっておくと気分的に少し安心かも?と思いました。

[Amazon sponsored link] バックアップ 関連本
兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/ 無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る