フロントページの表示について知らなかった機能を確認

WordPress勉強会でフロントページに固定ページと投稿ページを表示したいということでダッシュボードから色々試してみました。結果的にはダッシュボードからの指定では固定ページと投稿ページをフロントページに表示することはできなかったのですが、そのとき試していて「こんな機能だったのか?」と初めて気づいた機能がありましたのでそれについて書きます。

フロントページの表示 最新の投稿

ダッシュボード

設定>表示設定 をクリック

デフォルトではこのように 最新の投稿 が選択済みになっていて、投稿で作ったコンテンツが表示されています。1ページに表示する投稿の件数は、1ページに表示する最大投稿数 で指定してあります。デフォルトでは16件のようです。

フロントページを見ると、

このように投稿が16件表示されています。

フロントページの表示 固定ページ フロントページ:

フロントページの表示

固定ページを選択します。

フロントページの右にあるリストボックスから表示したい固定ページ

選びます。この時点で、

変更を保存 をクリックして、フロントページを確認すると

今指定した、固定ページが表示されています。

フロントページの表示 固定ページ 投稿ページ: 「え?そうだったの…」

と、ここまでは管理画面を見ると想像できる範囲なのですが、固定ページのところにある

投稿ページ: ってなんなのでしょうか?リストボックスをクリックすると、先ほどと同じように固定ページを選択できる感じになっています。うーん。

私はここを見てトップページに投稿ページも固定ページも表示出来るのかなぁ?と勘違いをしてしまいました。でもなんで投稿ページに固定ページを指定するんだろう…?と。

ためしに適当に固定ページを選択して、

変更を保存 をクリックして、フロントページを確認してみましたが

先ほどと何も変わってませんでした。試しに、今指定した固定ページを見ると

なんということでしょう…固定ページに指定したコンテンツは表示されずに、フロントページの表示で最新の投稿を選んだときと同じように投稿の一覧表示になっていました。

と、色々試行錯誤して分かったのは 固定ページ フロントページ: ではフロントページに表示する固定ページを指定する。固定ページ 投稿ページ: ではトップページに最新の投稿は表示しないけど、どこかで投稿の一覧を表示したい場合に、専用の 固定ページ を指定して、その固定ページを表示すると投稿の一覧が自動的に表示されるということでした。

また、ここで指定する固定ページは

単純に題名を付けてコンテンツは入れずに、公開しておくだけでよく、固定ページ 投稿ページ: に指定することで、

自動的にその固定ページが最新の投稿ページの一覧表示になる、という仕組みのようです。

トップページが固定ページの時に投稿一覧を表示させたいときに、「最新の投稿」というメニューを作ったり、リンクを作ったりしてこのページを表示させる、ということみたいでした。

おまけ:フロントページの指定ができない!?

どなたかのフロントページの設定をしようと、ダッシュボード 設定>表示設定 をクリックしたら、

こんな感じに フロントページの表示 という項目が全く見えない状況がありました。ななな、なぜ?と思って色々見てみると、

固定ページが1つもありませんでした。固定ページが一つもないと、指定する場所もなくなるようです。

ゴミ箱に入っていたコンテンツを戻すと

フロントページの表示 指定欄も復活しました(^^)/

[Amazon sponsored link] WordPressデザイン 関連本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る

ゆうそうとについての説明

ゆうそうと とは東京都八王子市を中心として、WordPressによるWEBサイトの作成や、スポットでのIT相談を行ったり、年間契約でのIT顧問をなりわいとして活動しています。

特徴としては30年以上IT業界でプログラムを中心として仕事をしてきたものと、美大出身のデザイナーがワンストップで対応するため、幅広い対応が可能であることです。

IT相談は直接お会いしてのご相談の他、ZOOMによるオンライン相談も可能です。