サーバーに大量のファイルを圧縮ファイルでアップロードして、解凍する方法

WordPressやXOOPS Cubeなどのサイト移転をするときは旧サーバーから大量のファイルをダウンロードして、それをアップロードします。そのときにダウンロードしたりアップロードするのはとても時間がかかります。
SSHやTelnetで接続ができればファイルを圧縮してダウンロードして、圧縮ファイルをアップロードすることで時間の節約になります。その方法について書きます。

フォルダを圧縮してダウンロードする方法

フォルダを圧縮してダウンロードする方法について書きます。

移転元のサーバーで必要なフォルダを圧縮します。今回は移転元、移転先ともにXSERVERを利用しています。

Rlogin
で移転元のサーバーに入ります。

XSERVERのx10プランをレンタルしています。このプランではssh接続ができるようになっています。サーバーにssh接続をできるように設定をして、sshでwgetを実行すると

ログインして ls というコマンドを実行して、ここに移転したい usort.jp フォルダがあることを確認します。

cd usort.jp

で移動します。

zip -r 任意の名前.zip 圧縮したいフォルダ名

で圧縮ができます。XSERVERの場合はpublic_htmlにWordPressのファイルがあるので、

zip -r usort.jp.zip public_html

でpublic_htmlをまとめて圧縮します。これを実行すると

このような表示になり、圧縮が終わります。ls で見てみると、

zipファイルができているのがわかります。これをPCにダウンロードします。

圧縮ファイルをアップロードして、解凍する


ダウンロードしたzipファイルをアップロード
して、解凍します。

新しいXSERVERに接続して、

XSERVERの場合はアップロードしたいディレクトリのpublic_htmlまで移動します。今回は usortx.jppublic_htmlに移動します。

ここにRLoginで先ほどダウンロードしたzipファイルをアップロードします。

lsで見ると

zipファイルがあります。これを解凍します。

unzip zipファイル.zip

解凍ができるので、この場合は

unzip usort.jp.zip

として、実行します。

このような表示になり、解凍が終わります。

public_htmlの下にpublic_htmlというというディレクトリができました。

cd public_html

今解凍したディレクトリに移動して、

mv * ../

ですべてのファイルとフォルダを一つ上のフォルダに移動します。

cd ..

一つ上のpublic_htmlに移動して、

ls

で確認すると、

ファイルとフォルダがpublic_htmlにできていました。

zipファイルと不要なフォルダを消しておく

この処理をしたら忘れずに不要なzipファイルとディレクトリを削除しておきます。

消すファイルとフォルダは以下の通りです。

・元サーバーでダウンロードするために圧縮したzipファイル
・新サーバーにアップロードしたzipファイル
・新サーバーの public_html にできた public_html

です。

zipファイルを削除するには、そのzipファイルがあるディレクトリに移動してから

rm 消したいファイル.zip

とすれば削除できます。

public_htmlの下にできたpublic_htmlディレクトリを削除するには、オプションを指定して削除します

この場合だと usortx.jp/public_html に移動してから

rm -rf public_html

で、削除します。

削除すると新サーバーではこのように不要なファイルやフォルダがなくなります。

zipファイルにしてからダウンロードしたりアップロードしたりすると時間が短縮できますので、お試しください(^^)/

月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/ 無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る