Evernote 超簡単にかっこよくプレゼン出来る機能が搭載されました

Image

毎日便利にevernoteを使っています。今日も立ち上げたところ、アップデート通知が来たのでアップデートしました。アップデート後に使おうとすると 「プレゼンする」 という新しい機能が出来たよ~とお知らせが何度も表示されるので、試してみました。

Macでは以前から使えていたようなのですが、Windows版では本日(2014/05/15)のアップデートから使えるようになったようです。

プレゼン?と気軽な気持ちでちょっと試したら…「おおお!おー!かっこええ!」と思ったのでこの機能について書きたいと思います。

Evernoteの新機能 プレゼンテーションモード とは?

Evernote blogでの発表
Evernote for Windows Desktop でもプレゼンテーションモードを使って効果的なミーティングを

Evernoteの各ノートをそのまま「プレゼンする」をクリックするだけで、プレゼンテーション出来る という機能です。

プレゼンテーションモードを起動しよう

プレゼンテーションしたいノートを右クリックして プレゼンする をクリック、もしくはノートの右上にある プレゼンする をクリックする。

Image

プレゼンテーションモードはこんな風に動きますよ

百聞は一見にしかず、、こんな風に動きます!

すごいなぁ~便利だしかっこええと思ったのは、

・画像をクリックすると拡大して表示される
・カーソルがレーザーポインターのように見えやすく、軌跡が残るのでわかりやすい
・リンクをクリックするとブラウザが立ち上がってみることが出来る

という点です。

ノートの移動やノートの中を移動するのは操作は、こんな感じです。

Image

他にもまだあるこんな機能

ポインターの変更

カーソルはデフォルトで青の丸いポインターになっていますが、その色などを変えることが出来ます。右上にポインターを持って行くと

Image

ポインターの絵が出てくるので、クリックするとポインターの色や形を変更することが出来ます。

ナイトモードでコードを見やすくする

ソースコードなどの場合、この表示だと若干見えにくい感じがします。

Image

こういうときは ナイトモード を使うと見えやすくなります。画面の右上にある、

Image

ナイトモード(月のマーク)をクリックします。すると、

Image

このように背景が黒くなって見えやすくなりました♪

目次を作って複数のノートを効率的にプレゼンする

さらに便利な機能として、複数のノートを効率的にプレゼンするために、目次を作ることができます。

プレゼンしたいノートを全て選択して、右クリックをします。すると、右側にこのような画面が表示されますので、

Image

目次ノートを作成 をクリックします。

デフォルトのノートブックに、このように目次が作成されました

Image

目次をクリックすると各ノートに移動します。

各ノートから目次に戻るには左上に表示される < をクリックするか、 ctrl+[ で戻ることが出来ます。

Image

まとめ:Evernoteのプレゼン機能は超簡単で便利だと思います

簡単な発表の場合などはこのプレゼン機能だけで充分に使えると思います。フォントの大きさとか、レイアウトの感じも自動的にかっこよく見せてくれるので助かりますね(^^)/。

また、iPadでもプレゼン機能が使えるので、PCで準備だけしておいて打ち合わせにはiPadだけを持って行っても充分に打ち合わせや会議ができるんじゃないかなと思いました。

大変便利な機能なのでEvernoteを使ってるWindowsの方は、今日からぜひプレゼン機能を使ってみましょう♪

追記:プレゼンテーション機能はプレミアム機能のようですが、無料ユーザでも30日間使えるようです!

プレゼンテーションモードはプレミアム機能ですが、無料ユーザのみなさまにも30日間無料でお試しいただけます。次にミーティングがある時に、みなさんもぜひお試しください。便利さをみんなで実感できるはずです。

兎本美佳

ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

261人の購読者に加わりましょう

トップへ戻る