Contact Form 7に設定検証機能がついてエラーが出るときの解消法

WordPressでお問い合わせフォームを作るときに一番使われているプラグイン「Contact Form 7」が、4.4にバージョンアップから設定検証機能というものがつきました。
今まで使っていたフォームもエラーが出たりしてちょっと焦りましたので、そのときの直し方について書いてみます。

Contact Form 7 のバージョン4.4から設定検証機能がつきました

Contact Form 7 のバージョン4.4から、設定検証機能がつきました。4.4にバージョンアップすると、

更新後、このような画面が出ました。

Contact Form 7 の設定を検証する をクリックします。すると、

○個のコンタクトフォームを検証する というボタンが表示されます。この個数は、Contact Form 7 で作ったフォームの数なので、サイトによって違うと思います。

これでメールフォームが検証され、エラーのある場合は

このように表示されます。

検証結果、エラーがでたときの解消法

複数のサイトで見ていて、使用中のフォームでエラーが出ていたのは2つのパターンがありました。

エラー箇所を見るには、

ダッシュボード お問い合わせ をクリック

一覧でエラーの出ているフォームの 編集 をクリック、

このように、設定エラーを解消する というリンクがありますが、これをクリックすると、

Contact Form 7の設定エラーを解消する、説明 のページ が表示されます。このページは個別のエラーに合わせておいおい見ていくことにします。

個別のエラーを確認するには、

メール というタブをクリックすると具体的にどの箇所がエラーなのかがわかります。

送信元がエラーになっている場合

メールのタブを押して見たときに、

このようになっているフォームが多かったです。これはお問い合わせフォームに名前メールアドレスを入力してもらい、管理者あてにメールを出すときその名前とメールアドレスを送信元とする設定です。

Contact Form 7の設定エラーを解消する、説明 のページを見ると、

このような説明がありました。今回の場合は、

この項目で使われるメールアドレスにはサイトと同じドメインに属するアドレスが用いられるべきです。そうでない場合は、メールがスパムとして扱われる可能性が高くなるでしょう。

ここに引っかかってしまったようです。Webと同じドメインのメールアドレスを使わなければいけないということで、たとえば http://8beat.tokyo サイトであれば

info@8beat.tokyo のように同じドメインを持つメールアドレスに変更しなければならないようです。

しかしそうなるともらったメールに返信をしたときに、問い合わせをしてきた人に返らない?と思ったのですが、それについては 追加ヘッダー という項目で、

このように 

と、しておけば大丈夫でした。

このように指定して、

保存をクリックします

題名がエラーになっている場合

このように題名がエラーになっている場合、もありました。

Contact Form 7の設定エラーを解消する、説明 のページを見ると、

ここで書いてある、

題名を空白にすることはできません。ここにメールタグを使うことも可能ですが、そのメールタグがユーザー入力に置き換えられた後も空白にならないようにしてください。

に引っかかっています。

このフォームでは題名が必須項目でないのにメールの題名として指定されているのでエラーが出ているようです。

フォーム タブをクリックして、

題名

textに * を付けて必須にして保存するか、もしくは

このように定型の文字(この場合はtheamazing7.com)を題名に入力しておいて、フォームから入力されなくても空白にならないようにして、

保存 するか、どちらかでエラーを解消します。

今回、私が管理しているサイトで出たエラーはこの2パターンだったのですが、他にもエラーが出た場合は、

Contact Form 7の設定エラーを解消する

で、内容を確認すれば、解消方法もわかるかと思います。

おまけ:Contact Form 7 プラグインをインストールしたいけど、見つからない?

今回の件とは関係ないのですが「コンタクトフォーム7を入れるといいよ」と勧めることが多いのですが「プラグインがどれかわからない!見つからない」と聞かれることがあります。

Contact Form 7 は、

この富士山のアイコンのプラグインなのですが、これが見つからないらしいのです。

なぜかというと、プラグインの新規追加で、

contactform7 と続けて入力しても

contact form7とワンスペースを入れても、この富士山のアイコンを持つContact Form 7 は出てきません。

このように contact 半角スペース form 半角スペース 7 と入力しないとたどり着けませんので、新しく入れる場合はご注意ください。

[Amazon sponsored link] Webデザイン 関連本
兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/ 無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る