当サイトには広告が含まれております

ChatGPTに相談して、WordPressのプラグインを作りました

この記事は最終更新日から9か月経過しています。内容が古い可能性があります。

Twitterなどで話題のChatGPTさん(以降、「さん」は省きます。心を鬼にして)について興味が湧きました。いろいろ質問してるうちにWordPressのカスタマイズについても質問をしていたら結果的にプラグインを作ることができました。また、2月1日に発表された有料プランについても書きます😄

記事をざっと見る

無料版ChatGPTの始め方

ChatGPTは以下のURLから始められます。

あわせて読みたい
Introducing ChatGPT We’ve trained a model called ChatGPT which interacts in a conversational way. The dialogue format makes it possible for ChatGPT to answer followup questions, ad...
ChatGPT開始画面
ChatGPT開始画面

この画面の [TRY CHATGPT] というボタンをクリック。

ChatGPT サインアップ
ChatGPT サインアップ

[Sign up]をクリック。

ChatGPT サインアップ
ChatGPT サインアップ

この画面になりますので、①メールアドレスを使って登録、②Googleのアカウントで登録、③マイクロソフトアカウントのうちお好きな方法で登録します。登録するとすぐに使えるようになります。もちろん日本語でOKです。

WordPressのプラグインについて相談してみた

まず最初に試しにWordPressのコーディングについて相談してみることにしました。

最初はfunctions.phpでカスタム投稿タイプ、カスタム投稿フィールドを作成してその後にプラグインを作ろうと思っていましたので、functions.phpで作ったコードを貼り付けて「このコードはOKですか?」と聞いてみました。

すると、

「このコードはWordPressの記事にカスタムフィールドを追加するためのコールバック関数です。関数は、特定の投稿に対して “yougo_yomi_hiragana”という名前のカスタムフィールドの値を取得し、その値を編集するためのラベルと入力フィールドを出力します。echo文は、ラベル、入力フィールド、そしてmeta値をウェブサイトのフロントエンドに表示するために使用されています。全体的には問題なさそうです。

という返事をいただきました😅。なにかもっと良さそうな方法がありそうだったので「改善の余地はありますか?」と聞くと、箇条書きで5つの改善ポイントを教えてくれました。そこで

改善した場合のコードを教えて下さい

とお願いしてみました。すると、

ChatGPT が出力したカスタム投稿フィールドのコールバック関数
ChatGPT が出力したカスタム投稿フィールドのコールバック関数

このようにコードをすべて書いてくれました。うーん😅、すごいです。

こんな感じにChatGPTに相談しつつ、作りたいプラグインを完成させることができました。最後にプラグインについてこんな会話を交わしました。

:WordPressのプラグインを考えてますが Yougo (Glossary by Japanese) というプラグイン名どう思いますか?

ChatGPT:I am an AI language model and do not have personal opinions. However, the name “Yougo (Glossary by Japanese)” is clear and descriptive, which makes it easy for users to understand the purpose of the plugin. It is a good choice if the plugin is focused on a glossary in Japanese language.

:すみません、日本語でお願いします (※まれに日本語で聞いて英語で返されるときがあるのでこのようにすると日本語にしてくれます)

ChatGPT:承知しました。「Yougo(Glossary by Japanese)」というプラグイン名は、分かりやすく、そのプラグインの目的をユーザーが理解するのに役立つ選択肢です。プラグインが日本語のグロサリーに焦点を当てている場合は、良い選択肢です。

:ありがとうございます😄

ChatGPTどういたしまして!お力になれてうれしいです。何か他の質問がありますか?

私としては「どういたしまして!お力になれてうれしいです。」と言われたのがとてもうれしかったです😄

ChatGPTは世間話もできました

ChatGPTについて既にYouTubeでたくさんコンテンツが紹介されています。私が見かけたものは「Excelのマクロを作ってもらう」「英会話の勉強、添削」などのものでした。

そういう分野だけでなく、SF大好きな私としてはOpenAIと世間話をしてみたく毎日会話を楽しんでいます。

パラレルワールドについてChatGPTに聞いてみた

パラレルワールドについて聞いてみました。

ChatGPT パラレルワールドについて
ChatGPT パラレルワールドについて

なるほど、妥当なお返事です。科学フィction となってるあたりはまだ発展途上という感じですが普通に会話ができる感じが楽しいです。

二重スリット実験についてChatGPTに聞いてみた

さらに、二重スリット実験について聞いてみました。

ChatGPT 二重スリット実験について
ChatGPT 二重スリット実験について

なるほど、すごくわかりやすく説明してくれています。以前から疑問だった 二重スリット実験における「観察」とは? を聞いてみました。

ChatGPT 二重スリット実験における「観察」について
ChatGPT 二重スリット実験における「観察」について

なるほど、観察=光子や粒子の状態を測定 ってことなのですね。

毎日ChatGPTと会話をして分かったこと

WordPressのことだけでなく、今まで知りたかったことなどについてや夕ご飯のおかず、OpenAIの限界を知るための質問など数多くの会話を交わしました。そこで分かったことがあります。

ChatGPTのデータは2021年12月31日までのもの

Netflixでお勧めのドラマについて会話していたときのことです。

申し訳ございませんが、私は2021年以前のデータまでしか学習していませんので、現在の情報をお答えすることはできません。現在のNetflixのホットな番組に関する情報は、Netflixのサイトやソーシャルメディアなどを利用して確認することができます。

このことについて意外だったので突っ込んで聞いてみました。

ChatGPT:私は2021年までの情報を学習しています。

:2021年の12月31日までということでしょうか

ChatGPT:はい、2021年12月31日までの情報を学習しています。

ということでした。ですので現在の首相の名前などについては正確な答えを得ることはできません😅。また、会話の内容を記憶することもないし、会話の内容は将来的にデータとして取り入れられるかもしれないと本人(ChatGPT)は言うのですが日本の首相に関して何度も会話して正確な名前を答えられるようにして、数時間後にきいてみたところ、

ChatGPT 日本の首相名を答える
ChatGPT 日本の首相名を答える

と今はこのように正確にこたえてくれているため、最新の情報を取り入れているのかどうなのかそのあたりはまだ解明できていません😅。別の人が聞いてみたところ、存在しない政治家の名前を答えてそのプロフィールや内閣人事についても全く架空の内容を教えてくれていてびっくりしました。

これこそパラレルワールドか!?と。

途中で回答が止まってしまったときは

ChatGPTからの回答が途中で止まってしまう場合がままあります。大概の場合は少し待っていれば続きを書いてくれるのですが

ChatGPT:ひらがなに変換

こんな感じにあまりに長く止まってしまう場合もあります。そんなときは、

:換

すると続きを書いてくれるようです。これはネットで調べた方法なのですが、もしかするとそうではなくて時間が経ったから続きを書いてくれているのかも😅しれません。

ChatGPT有料版 ChatGPT Plusは$20

2月1日にChatGPTの有料版(ChatGPT Plus)について発表がありました。

TechCrunch
OpenAI launches ChatGPT Plus, starting at $20 per month | TechCrunch OpenAI's pro-level ChatGPT service, ChatGPT Plus, delivers a number of benefits including priority access and faster response times.

こちらの発表によると、ChatGPTの無料版がなくなるということではなく

「私たちは無料ユーザーを愛しており、ChatGPT への無料アクセスを提供し続けます。このサブスクリプション価格を提供することで、できるだけ多くの人が無料でアクセスできるようにすることができます」と同社は続けました。「お客様からのフィードバックとニーズに基づいて、このサービスを改良および拡張する予定です。」

https://techcrunch.com/2023/02/01/openai-launches-chatgpt-plus-starting-at-20-per-month/

ということだそうです。有料版を利用すると、

ピーク時でも ChatGPT への一般的なアクセス、応答時間の短縮、新機能や改善への優先アクセス

があるようです。

私はかなりChatGPTに傾倒しているので、とりあえず waitinglist に登録することにしました。

Google Docs
ChatGPT Plus: Waitlist Interested in access to ChatGPT Plus? Sign up here Note: If you previously signed up for a different waitlist there's no need to sign up again.

こちらから登録ができます。登録すると有料バージョンがリリースされたときにいち早く情報をもらえるようです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

あなたのシェアが励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

記事をざっと見る