マニュアルを開きながら見るときに最適なブックストッパー

電子書籍がだいぶ普及してきましたが、プログラムなど技術系のマニュアルはリアルな本の方がなぜか参照しやすいと思っています。技術系のマニュアルは大概の場合、ページ数が多く、パソコンの隣で開いておいて参照しながらキーを打ちながら使うため、両手が自由になって開いたままキープできるブックストッパーを使っています。そのブックストッパーをご紹介します。

つきあいはだいぶ長い、このブックストッパー

私がいつも使っているブックストッパーは、こちらになります。

考えてみるとこのブックストッパーを最初に知って買ったのは「王様のアイデア」でした。自分の記憶違いでなければ10年以上前だった気がします。まだインターネットではなく雑誌か何かで「良い」という事を知って買いに行ったような、、気がします。

黒いクリップ部分と、白い筒状の重し部分があります。黒いクリップ部分は見た目よりもたくさんのページが挟めます。

重さも2個で229gと、なかなかの重量です。この重さが挟んだときに安定してページを押さえてくれる秘密だと思います。

Amazonだと、

ここから購入できます。

この記事を書くのに検索するまで知りませんでしたが

なんとあの、トモエそろばんが販売元でした!会社四季報や六法全書や辞書に便利!とか書いてありますね。

ブックストッパーの使い方

マニュアルを見るときはこんな感じで使っています。

本の半ばぐらいまでくると、1つだけで押さえるのは厳しくなるので

2つ使います。販売単位は1個ずつなので是非購入されるときは2個買うことをお勧めします(^^)/

片方のページがとても多くなると挟むことはできませんが、

こんな風に、挟めるだけの分量を挟めば、重しがあるためちゃんと開いていてくれます。

マニュアルだけでなく小説なども挟んでます!

マニュアルだけでなく

親鸞 激動篇 上 (^_^;

このようなハードカバーの本

挟んで読めます。

レッド・ライジング―火星の簒奪者 (ハヤカワ文庫 SF フ 21-1) (ハヤカワ文庫SF)

けっこう分厚いんですが、このような分厚い文庫本

挟んで読めます。

ブックストッパーを利用する上での注意点

このように便利なブックストッパーなので、今まで長いこと使ってきましたが何度か壊れました。無理に挟もうとしたことが原因だと思いますが、挟む部分のバネがパキッと割れて、飛ぶ!というパターンで壊れました。

ネットで検索してみると同じように割れた、という書き込みを見たのである程度消耗品であるという割り切りで数年に一度買い換えています。とはいえ、前回購入したのは2012年だったので充分長持ちはしています(^^)/

あと、挟む部分がぎざぎざになっているのでとっても大事な本だと「跡が付く…」ということが気になる方もいるかもしれません。私は全然きにならないんですが、うすーく跡が付くかも、です。Amazonのレビューでそういうことが気になる方は指サックを付けて跡が付くことを予防しているようでした。

マニュアルを参照しているときは大概の場合頭をフルに使っているときなので、手でページを押さえたり、何かを置いて拡げていてもずれてページが閉じるなどイライラしたりすることなく両手が自由な状態で見ることができるようになるのはとても助かります。

[スポンサードリンク]
兎本美佳

ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ゆうそうとITブログはMIXHOSTで運営中
スポンサー広告
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

280人の購読者に加わりましょう

トップへ戻る

ゆうそうとについての説明

ゆうそうと とは東京都八王子市を中心として、WordPressによるWEBサイトの作成や、スポットでのIT相談を行ったり、年間契約でのIT顧問をなりわいとして活動しています。

特徴としては30年以上IT業界でプログラムを中心として仕事をしてきたものと、美大出身のデザイナーがワンストップで対応するため、幅広い対応が可能であることです。

IT相談は直接お会いしてのご相談の他、ZOOMによるオンライン相談も可能です。