WordPressのバックアップをBackWPupで!その1

この記事のURLとタイトルをコピーする

2014-03-26 11.03.26

ここ1ヶ月ほど、営業日は毎日blogを書いています。blogの記事はevernoteで書いて、本番サーバの投稿欄に貼り付け色々修正してアップしています。サイト自体はローカルPCでも構築しているので大丈夫なのですが、本番サーバへアップしたblog記事は本番サーバにしか存在しません。

WEBサーバになにか問題が起こってデータが消えてしまったら?それよりWEBサーバの管理画面で誤ってデータベースを消してしまったら?…毎日書いているblogが消えてしまうのは悲しい、ということでバックアップをとるようにしてみました。

バックアップの対象は記事と画像

blogの記事は記事と画像でできてます。たまにバックアップするだけならデータベースのダンプをとって、画像をFTPでダウンロードすればいいと思うのですが、万一のことを考えるとできれば毎日バックアップを取りたいです。毎日だと、データベースのダンプを取ったり、FTPでダウンロードするのは面倒でやらなくなってしまいそうです。

ということは「毎日バックアップできる」「データベースと画像を保存してくれる」機能があるものがいいです。あと、可能なら直接dropboxに保存出来た方が、いざというときのバックアップとしてさらに安心です。

これらを満たすバックアップのプラグインを探しました。

BackWPup プラグインをインストールしてみる

色々なサイトを参照してBackWPupというプラグインが希望する機能のものだと思ったのでインストールしてみます。

ダッシュボード プラグイン>新規追加 で BackWPup を検索

Image
いますぐインストールをクリック

Image

プラグインを有効化をクリック

Image

有効化が終わるとこんな画面になりました。
Image

データベースとファイルをdropboxにバックアップするように設定してみる

ダッシュボードに BackWPup というメニューが出来たのでクリックします

Image

何をどんな状態で、どのぐらいの頻度でバックアップするかというjobを決める

まずは job を作ります。何をどんな状態でどこに、どのぐらいの頻度でバックアップするのか という内容を指示する お仕事内容指示書 のようなものです。

Image

Add new job をクリックします。

Generalで全体的な設定をする

Image

Please name this job. にjobの名前をつけます。

Archive Format はいつも使っている Zip を選択して

Where should your backup file be stored? で Dropbox を選びます。

Save Changes をクリックして保存します。

Scheduleでバックアップのスケジュールを決める

デフォルトはこのようになっています。このままだと「手動」でしかバックアップを取りません。

名称未設定-3

with WordPress cron を選択すると、スケジュール指定部分が開きます。毎日午前3時にバックアップを取るためにこのように指定します。

Image

指定し終わったら Save Changes をクリックします。

データベースとファイル、プラグインの指定はそのままにしました

DB Backupタブはこのようになっています

Image
特に変えるところもなさそうなのでこのままにしておきます。

Filesはこのようになっています。

Image

こちらも特に変えるところはなさそうです。そのうち容量が多くなりすぎたら必要が無さそうなものの Exclude(除く) チェックボックスをチェックしてはずすようにすればいいかなと思います。使ってないテーマとか、カスタマイズしていない部分ははずしてもいいのかもしれません。

プラグインはこのようになっています。

Image

プラグインの内容がリストとして RYUS-blog.pluginlist.txt という名前で保存されるようです。特に変えるところがないのでこのままにしました。

Dropboxの指定は思いがけず簡単でした

バックアップ先にDropboxを指定するとできるタブ To:Dropbox をクリックします。

Image
まずは自分のDropboxと連携するために認証をします。
*Dropboxのアカウントが無い場合はCreate Accountから作ることが出来るようです

Reauthenticate (full Dropbox) という所をクリックすると、Dropboxのログイン画面が出るのでログインします。すでにDropboxのWEBサイトにログインしているときはこの画面は出ません。

Image

ログインすると、認証の画面が出るので 許可 をクリックします。

Image

元の画面に戻り、認証された状態になっているのが分かります。

Image

Image

Folder in Dropbox の欄に RYUS-blog/ とあり、Dropbox直下のここにバックアップファイルを置くようです。特に変更の必要を感じなかったのでこのままにしました。フォルダは新たに作られるようです。

File Deletion のところはいくつまでファイルを保持するかということのようですので、1日に1回バックアップを取るので1週間分の 7 に変更しました。

Save changes をクリックして保存します。

これで設定は全部終わりました。ちょっと長くなってしまったので実際に実行してみた結果は明日書こうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る

ゆうそうとについての説明

ゆうそうと とは東京都八王子市を中心として、WordPressによるWEBサイトの作成や、スポットでのIT相談を行ったり、年間契約でのIT顧問をなりわいとして活動しています。

特徴としては30年以上IT業界でプログラムを中心として仕事をしてきたものと、美大出身のデザイナーがワンストップで対応するため、幅広い対応が可能であることです。

IT相談は直接お会いしてのご相談の他、ZOOMによるオンライン相談も可能です。