サイト移転の際404エラーになるとき、プラグインでトップページに飛ばす

ゆうそうとではIT相談を受けています。先日もあるCMSソフトからWordPressに移転されたお客様から「検索結果のページをクリックすると404エラーになってしまう」という連絡を受けました。
今まであったWebサイトと新しくWordPressで作ったWebサイトはトップページのURLは同じですが中にあるそれぞれのページは別のURLになってしまっていることが原因です。
一番いいのはすべてのページのURLを合わせることですが、同じコンテンツがあるとは限らないのでそれでも404エラーになってしまうときに、トップページに飛ばすプラグインをいれてみました。それについて書きます。

404エラーになってしまうのはなぜでしょう?

たとえば、以前は http://example.com/お問い合わせ というページが存在していて、googleにもインデックスされていたので、サイト名などで検索したときに検索結果に example.com お問い合わせ などのリンクが表示されたりします。

このサイトをWordPressなど別のシステムに移転したときにお問い合わせページの名前が http://example.com/問い合わせ などの違うURLになる場合があります。そんなときに検索結果のURLをクリックしても

こんな感じに404エラーページと言われるものが表示されます。404エラーとは「指定されたURLのページは存在していません」というエラーです。

Webサイトに以前公開していたページを削除したり、非公開にしたときもこの404ページが表示されます。

せっかく検索結果からリンクをクリックしてきてくれたのに、このページの表示だとちょっと残念です。

404エラーに対応するプラグイン 「404 Redirection」

404エラーに対応するプラグイン 404 Redirection をインストールします

ダッシュボード プラグイン>新規追加 をクリック

404 Redirection と入力してリターン

このプラグインが見つかりますので 今すぐインストール をクリック

今すぐインストール が 有効化 に変わったらクリック

これでプラグインのインストールと有効化と設定は終了です。

404 Redirection をインストールすると、404エラーの時にトップページにジャンプする

このあとに先ほどと同じように、存在しないURLでサイトを見てみます。すると

さきほどは「このページは存在しません」という表示でしたが、今はトップページにジャンプしました。

これでリンクをクリックしてきてくれた人に、とりあえずトップページを見てもらうことができるようになりました(^^)/

おまけ:他にも方法はありますが

以前ブログに書いたのですが

WordPressでないCMSや一般的な静的HTMLで作ってあったWebサイトをWordPressに作り替えたときにはトップページ以外のページのurlが違うために、せっかくGo

プラグインを使わなくてもこのような方法で、同じ動きをさせることができます。しかしこの方法だと初心者の方にはハードルが高いかな?と思ったのでプラグインを使う方法を書いてみました(^^)/

その他に、同じコンテンツが存在しているけどURLが違う場合はスラッグなどでURLを同じにすることも可能です。その方法についてはまた別の機会に書いてみたいと思います!

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告
トップへ戻る