メールマガジンプラグイン Subscribe2は簡単で便利に使えそう

Image [31]

WordPressで簡単にメールマガジンを発行できると楽なんだけど何がいいのかな?と相談されました。ちょっと検索して試してみたところ、Subscribe2というプラグインを発見して試してみたところ、意外と簡単に使えて必要な機能も充分あったのでそれについて書いてみます。

メールマガジンを送れるプラグイン Subscribe2のインストールと設定

検索して見つけたこちらのサイトを参考にさせていただきました

メルマガを配信できるSubscribe2の使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

まずはプラグイン>新規追加 で Subscribe2 と入力して、

Image

インストールして、有効化します。有効化すると、

Image [2]

このような画面が出て、「え?Facebook?え?なんか違うプラグインインストールした?」と思ってしまいました。

Activate ReadyGraph to get more traffic to your site
あなたのサイトにもっとたくさんのトラフィックを得るためにReadyGraphをアクティベートせよ

的な事が書いてあるんですが、メルマガとは関係なさそうなのでこのままにしておきます。

日本語化ファイルがあるということでちょっと検索してこちらを見つけました。

subscribe2 v9.2の日本語化ファイルをリリースしました

バージョンが少し前のもののようですが、探して見つけた限りはこちらが最新でしたのでこちらをダウンロードします。

subscribe2_92-ja.zip

というファイルがダウンロードできるので、これを解凍します。

subscribe2_92-ja というフォルダに、 subscribe2-ja.mo というファイルがあるのでインストールした

/wp-content/plugins/subscribe2/

アップロードします。これで、

Image [3]

こんな感じだったのが、

Image [4]

このようにある程度日本語化されて見やすくなりました(^^)/

これで設定は終了です。

メールマガジンに購読登録するページを作ってみる

読者がサイトからメールマガジンを購読するためのページを作ってみます。

固定ページ>新規追加 で ビジュアルタブ をクリックすると

Image [5]

このように S2 というボタンが増えているのが分かります。

Image [6]

ボタンを押すと、このように SUBSCRIBE2 FORM という表示になります。これをログインしていない状態で見ると、

Image [7]

このようにメールマガジン登録のページができています。このページから解除もできるみたいです。超簡単ですね(^_^;。

ビジュアルタブでなく、テキストタブでの追加方法は、

と入れるだけのようです。

読者が登録したときの処理の流れ

Image [8]

メールアドレスを入力して 登録する ボタンを押します。

Image [9]

確認メッセージを送信しました、ということなのでメールを見てみると、

Image [10]

届いていました。中身を見てみると、

Image [11]

あうっ!英語でした。ここは後で翻訳してみようかな…。でもこのぐらいなら分かりますね、、きっとこのURLをクリックすると読者登録が完了するのでしょう。クリックしてみます
*ここの日本語化は後に解明されました。この記事の下の方にやり方を書いてあります。

Image [10]

「読者登録を完了しました」と表示されました。これで読者登録は完了したようです。

メルマガ読者を確認してみる

では管理側からメルマガ読者を確認してみたいと思います。

Image [13]

メルマガ読者 をクリック

Image [14]

するとこのように、現在の読者が表示され(今のところ1人ですが)ました。

追加と削除 からはカンマで区切ってメールアドレスを入れれば一括で追加や削除ができるようです。ユーザーのメールアドレスを一括でここから追加できる機能があるので、名刺などからメールアドレスを入力したデータから一括で追加することができそうです。

メールマガジンを送ってみる

Image [15]

メール送信 をクリック

Image [16]

このような画面が開きます。

Image [17]

宛先からメールマガジンを送りたい相手を選びます。デフォルトですとそのWordPressのユーザーすべてとメールマガジン登録者(未確認の方を含む)にメールが送られるようです。色々選べるので、実際にはメールマガジン登録者に送るのだと思われます。今回はテストなのでデフォルトのままにします。

Image [18]

こんな感じでメールマガジンの内容を書いて、送信ボタンを押します。

Image [19]

メッセージを送信しました と表示されます。

メールを確認すると、

Image [20]

無事に日本語の文字化けも無く、いい感じでメールマガジンが到着していました(^^)/。これは使えそうです。

注意点として、メールマガジンのバックナンバー管理などはないようなので、自分宛にかならずメールが送られるようにしておきます。そうすれば届いたメールで過去に送ったメールマガジンのバックナンバーが保存できると思います。

まだまだ色々機能がありそうです

Subscribe2はまだまだ色々機能がありそうです。

Image [21]

この辺から

Image [22]

カテゴリーや投稿者で絞り込んで投稿記事をメールマガジンとして送付したりもできるようです。

また、

Image [23]

設定にもたくさんの機能があるようです。

Image [24]

機能がたくさんあるので必要になったら色々設定するといいと思われます。

その中で、先ほどの登録時のメールが編集出来るところを発見しました。

Image [25]

メールテンプレート タブをクリックすると、

Image [26]

このように 登録/解除 時に送られるメールのテンプレートがありましたので、

Image [27]

こんな感じにしてみました。そして登録してみたところ、

Image [28]

このように日本語でメールが来るようになったので、これで一通りは大丈夫そうです。

まとめ:通常のメルマガを送るには必要充分ですね

このように通常のメルマガを送るには必要充分な機能が備わっていると思います。もしバックナンバーをサイトに表示したいとかいう希望があれば当面は固定ページで手作業で追加して行く感じなのかなと思います。

自分的にはバックナンバーは要らないけど、どんなメールマガジンを送ったかは記録していきたいので自分のメールアドレスが入っていれば充分かと思います。

追伸:メールアドレスがwordpress@ドメイン名 になってしまう対応

なぜかわからないのですが、このサイトでは特に問題なく設置できたのですが別のサイトでメールアドレスが wordpress@ドメイン名 になってしまう現象がありました。

検索してfromの名前とemailは

のコードを使っているテーマ(子テーマ)のfunctions.phpに追加して直ったので一件落着、と思いました。

しかし、よく見ると返信先(reply-to)が wordpress@ドメイン名 のままでした。これに関しては色々探ってようやく下記のコードを追加して直りました。

Subscribe2 独自のフィルターがあったようです。ここだけで、

も書いておけば、このフィルターだけでもOKな気がしました。

同じような事が起こってしまったら試してみてください(^^)/

要注意:この設定を確認してください

メール送信だけでメルマガを配信していたはずなのに新しい記事を書いたらメールが送信されてしまったということが起こりました(しかもKtai Entryでの受信専用に来たメールは再度投稿されて、というトグルが発生し大変ご迷惑をおかけしました)。

原因なのですが、

ダッシュボード Subscribe2>読者設定画面 が

Image

このように カテゴリーが新しく追加されたら、自動 的に購読する :  の はい いいえ のどちらも選択されていないことでした。どちらも選択されていなければ いいえ になるのかなという気もしますが、実際にはこの状態でメールが配信されてしまったので はい がデフォルトのようです。ですので、メール配信だけでメルマガを発行しようとする場合でもこのページの設定を必ず

Image [1]

いいえ にして保存しておいてください。そうしておかないと、新しいカテゴリーに記事を投稿したときにその記事のメールが配信されてしまいます。

兎本美佳
ブログを見た人がそのままできたらいいなと思って、できるだけ丁寧に書いています。blogに書いたようなネタの有償対応のご相談は「ゆうそうと」へいただければと思います(^^)/
無償での対応をご希望の場合は、コメントをいただけましたら可能な場合はコメントを返させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告

コメント

  1. […] 処のしようがない。 メールが飛ばない理由がContactform7の時と同じなら、どこかで送信元アドレスを設定できないかとググったところ、ありました。 https://usortblog.com/mailmagazineplubin/#wordpress […]

トップへ戻る